患者さんの清拭とご家族への対応です。

チューブ類の抜去から入浴までの手順を、case-by-case

そして、step by step で解説をします。

清拭

清拭

ご家族に参加を促す

これから、お体の清拭や着替えをさせていただきます。よろしいでしょうか?

頻繁に「よろしいでしょうか?」と確認するのは、具体的なケアの始まりとして、これから了承を得ながら進めていくことを示すためです。

また、ご家族が「やらなくてもよい」と拒否をするタイミングとして、この言葉を入れています。

「よろしいでしょうか?」と言葉にしなくても、多少の間をとって、ご家族が言いやすい状況をつくるのとよいかもしれません。

またユダヤ教など、宗教によって死後の身体は、宗教で定められた特別な人以外は、清拭や更衣ができない場合もあります。

どなたかこのまま、ご本人の傍にいらしていただけますか?お願いいたします。

ご家族のどなたかに説明や相談をしながら、そして了承を得ながらでなければ、進めることができないという姿勢を言葉にします。

すでに、ご家族が室外に出ていた場合は、

ご同室を、お願いいたします。

…と言います。

お一人になると、ご本人が寂しいかもしれませんので、どなたか付き添われませんか?

ご家族の戸惑いへの対処法

何かやらなければ、いけないのでしょうか?

どうしていれば、よいのでしょうか?

こういう場は、初めてなので…

など、戸惑いがみられたら…

お座りになっても、近くでご覧になっていただいても構いません。

自分が無理に何かを行わなくてもよいのだ、と安心していただきます。

実施の促しは、清拭や更衣を行う直前、もしくはナースが行うのを、少しご覧いただいてから声をかけます。

わかりました。でも…

誰と誰がいればいいか?など、ご家族同士で顔を見合わせたり、戸惑うような様子なら…

最初から全員ではなく、お体を拭いて下着をつけるまでは、近い関係の方、洋服や着物を着ていただく段階にはお孫さんや皆様も、そしてお顔を整えるときに、全員の方にお入りいただくという流れもよろしいかもしれませんね。

裸を目にすることになる清拭には、誰が入るのか?

そのあとの段階には、誰まで入るのか?

退院までの流れを説明したキーパーソンに、その調整を考えていただくように声をかけます。

部屋のつくりや広さによっては、ご本人のすぐそばにいらしていただく方以外は、退出ではなく室内の足元やベッドから少し離れた場所のソファなどで過ごしていただきます。

その際、キーパーソンが順次、彼らにも声をかけるように促すとよいでしょう。

これから退院まで、一つひとつ行うことに、ご承諾いただきながら進めるのは、かえって煩わしいことと思いますので、してほしいことや、してほしくないことなど、お気づきの点は、どうか遠慮なくおっしゃってください。

このことをはっきり伝えておけば、毎回「行ってよろしいですか?」と言葉にする必要がなくなります。

できるだけ早い段階に伝えておきたいことです。

点滴やチューブ類の対応

お体をきれいにする前に、カテーテルやチューブ類を取り外します。まず、鼻から入っているチューブを抜いてよろしいですか?

チューブ類は頭部から足もとの順に、抜去していくのが望ましいでしょう。

全身清拭の順序に沿う対応が、生きているときと同様に見ているご家族にとって、丁寧で自然です。

また、足もとのほうから抜去するのは、普段と逆に足もとからご遺体を拭く「逆さごと」としての清拭を連想する場合があります。

ひとつずつ、ご家族に了承を得るように、声をかけていきます。

時間の関係などで、同時に何箇所も抜去する際にも、了承を得る言葉や態度で、できるだけ丁寧に行います。

皮下出血の対応

息を引き取ったあとは、針やカテーテルを抜いたところに皮下出血が起きやすいので、しっかり固定させていただきます。

死後は、血流が消失し、停滞や滞留が生じて血液が凝固するため、凝固因子が消費された状態になり、血液凝固機能を失った血液による出血傾向となります。

そのために、IVHや留置針などの抜去部からは、凝固機能を失った血液が、少量ずつじわじわと持続的に出血します。

その結果、頸部や手甲などに広く皮下出血が起きるのです。

場合によっては盛り上がり、その後、その部位は赤紫色に変化し、ご家族が困惑し問題になることがあります。

ご遺体の皮膚は刻々と脆弱になるため、圧迫は避けるのが望ましいのですが、カテーテルや針の抜去部位は、しっかりと圧迫固定します。

後に、皮膚の変色をカバーする場合、変色の色に近い色のファンデーションを肌色に混ぜたり、下地として使用します。

なお、皮下出血が起きやすいのは、高齢女性、血液内科疾患、重篤な肝機能障害などの方で、よく起きる部位は、側頸部、手背部、足背部の血管表在部位などです。

口腔ケアと眼内ケア

これからお体をきれいにいたします。口と目の汚れは、早い段階で臭いの元になることがありますので、口と目から失礼いたします。

患者さんによっては、死後1時間ほどで死後硬直によって顎関節が硬くなり、開口しづらくなります。

口腔ケアは、保清の中で一番早く行うことをお勧めします。

ご本人に向かって、

〇〇さん、お口の中をきれいにいたしますね。

口腔ケアは、

  1. ガーゼなどで汚れを拭う
  2. 水分を湿らせて拭う
  3. 歯磨きの方法で、できる範囲で行う
  4. 眼内は目蓋の開く範囲で、ガーゼや綿棒を使って汚れを拭う。目蓋が開きにくい場合は、綿棒を使ってできる範囲で眼脂を拭う。

入れ歯が入らない場合

入れ歯が入らなくなってしまう方は、少なくありません。残念ですが、歯を外して療養しているうちに、どうしてもお口の中が少し変形してしまうのです

入らなかった入れ歯は、説明しながら大切にご家族に渡します。

エンゼルデンチャー

ご本人の入れ歯が入らなかったというだけでなく、上あるいは下の入れ歯のどちらかを失ってしまった、そして高齢の方で、何年も入れ歯を使っていなかった場合にも使えるグッズです。

ワックス製で、手で成形し直したり、ハサミでカットしたりが可能です。

やや小ぶりにすることで、挿入しやすくできます。

上下一対で1,300円程度です。

歯を入れてあげたいという思いが、強いご家族は少なくありません。

しかし、治療や療養のために外していた入れ歯を再び入れようとしても、口腔内が変形してしまい、入らなくなっていることが多いのです。

含み綿で補うこともできますが、綿が口元から見えたり、不自然な印象になることがあります。

死後硬直の説明

これから顎のあたりから硬くなり、口が閉じにくくなると思われます。閉じる方法については、お顔や身体をきれいにした後にご相談するとして、今はタオルでこのように押さえておく対応でいかがでしょうか?

この後に顔や身体の保清を行いますので、暫定的にタオルを丸めるなどして、顎の下にはさむ対応をします。

はい、そのやり方でお願いします。顎が硬くなるって、どういうことですか?どんなふうに硬くなるのですか?

 

どなたにも起こることなのですが、硬直といって徐々に筋肉が硬くなり、関節などが動かなくなる現象です。あくまでも目安ですが、息を引き取ってから1時間から3時間くらいで顎のあたり、その後上半身、下半身の順に硬くなります。そして数日経つとそれが緩んできます。その関係で、閉じていたお口が、お帰りになって、しばらくしたら開いてしまう場合があるのですが、それはこの硬直が緩む段階になったことが関係していることが多いのです。

どうして硬くなるのですか?

筋肉内の物質が関係した自然現象です。硬くなり緩む時間や硬さの度合いには個人差があります。お体はゆっくり全体に硬くなると思われますが、顎のあたりは早く硬くなり、お口が開きにくくなる可能性があります。お口のケアを早めに行いましょう。

臨終前に下顎呼吸がみられた患者さんは、死後1時間程度で下顎硬直が発現することがあります。

急死された患者さんのご家族への対応

○○さんの場合、お体の筋肉が早めに顎のあたりから全身へと硬くなり、ご帰宅後もしばらく続くと思います。ご帰宅後に、お口や手足を動かす必要が出てきましたら、葬儀社の方に相談なさってください。急死された方は筋硬直が早く強くあらわれるとともに、長く続く傾向があります。

舌を噛んで硬直している場合の対応

時間が経つと顎が緩んできますので、そうしたら舌を口の中に納めてあげてください。

舌を噛んだ状態で急死して、すでに強く硬直している場合、死後硬直の経過や乾燥傾向などを配慮すると、次のようなケアがをします。

  • 露出している舌の乾燥が激しいと予想されますので、油分塗布、あるいは外気が触れないように布類でカバーします。
  • 舌が露出している口元を目にするのはつらいもので、ご家族と相談してハンカチやタオルなどで、その部分を覆います。

皮膚の脆弱化

肌はこれからどんどん弱くなっていきますので、お帰りになってからも強い摩擦や圧迫を避けてください。

そんなに急に、肌が弱くなるものなのですか?

はい、強い圧迫によって、後に赤黒い痕がついてしまったり、強くこすったりすると皮膚がむけてしまったりします。

さすったりするのもダメですか?

いえ、静かに触れたり優しくさすったりするのは大丈夫です。身体を拭いたり洗ったりするのも、ごしごし力まかせに行うのではなく、そっと丁寧に行えば問題ありません。

臨終後は皮膚も刻々と弱っていきます。

血液の循環など生体機能が停止するため、皮膚の弾力も急激に失われていきます。

そのため、生体のときと同様の方法で顔剃りをすると、表皮が削り取られ、ほんの数時間で革皮様化してしまうことがあるわけです。

生体の頑丈な皮膚でしたら、表皮に傷がつきにくく傷がついたとしても、剃刀負けと呼ばれる状況から、やがて治癒していきますが、ご遺体の皮膚はそうはいかないのです。

ご遺体の顔剃りは、クリームやシェービングフォームを必ず使用します。

カミソリや電気カミソリをそっと皮膚に当てて剃り、終了後には油分をたっぷり塗布します。

入浴

ご家族に、

お体の清拭をさせていただきます。

そして、患者さん本人に、

お体をお拭きします。むしタオルを当てます。熱くないですか?

その様子を、ご覧になっているご家族に、

ご一緒に拭いて差し上げませんか?

ご家族と一緒にふきながら…

最後にシャワーに入れたのは、○○日前でしたものね。

○○さん、次に背中を拭きますので、横向きになりますね。イチ、ニッ…。

皮膚が弱くなっていますので、あまり力は入れずに拭いて差し上げてください。今後はさらに皮膚が弱くなりますので、強く圧迫したり、ゴシゴシ拭いたりするのは避けた方がよいです。

清拭の場合は、タオルを濡らすお湯に沐浴剤や入浴剤、あるいはアロマセラピー用エッセンシャルオイルなどを混ぜるのも入浴の雰囲気になります。

手と足を、お湯につけて洗って差し上げましょう。準備やサポートをいたしますので、よろしかったらなさいませんか?

お湯につけて腐敗は?

全身清拭の場合、手浴や足浴をご家族に行っていただくことをお勧めします。

身だしなみの基本といえる保清行為をご家族自身が行うことで、貴重な看取りの場面になります。

死後の身体は、環境温度の影響を受けて、手足や露出している頭部から体温が下がります。

手足を温めた場合、生体でしたら循環によって全身に熱が伝わりますが、ご遺体には循環はありません。

手足をお湯につけても体幹部分には熱が伝わりにくく、腐敗を助長しないと考えられます。

また、手浴・足浴で爪が柔らかくなり、そのあとの爪切りの準備にもなります。

爪切りとマニキュアの効用

爪切りやマニキュアはご家族が手を出しやすいので、ご遺体に自然に接する手段になります。

爪の蒼白化は目立つ場合がありますので、お帰りの際は透明のうすいピンク系のマニキュアなどを塗ると穏やかな印象になります。

ご本人のマニキュアがあれば、ご帰宅後に塗り直しても、重ね塗りしてもかまわないことを付け加えます。

簡易シャンプー

ベッドに寝たままの状態で行えるシャンプーをいたしましょう。

ぜひお願いします。ずっと洗えなくて気持ち悪かったと思います。

しっかりお手伝いしますので、よろしかったらシャンプーして差し上げませんか?

私にできるでしょうか?

はい、頭を持ったりシャンプーを手渡したり、準備も洗うときもしっかりサポートいたしますので、よろしかったらぜひ。全部ではなく、少し手を出していただく形でもいいですし。

それでは、やらせてください。

紙オムツは水分の吸収がよく、清潔です。 頭の下に敷いて使用してよろしいですか?

紙オムツの使用については、必ず了承を得ます。

お下に使う紙オムツを使用されたと、残念に思うこともあるからです。

了承が得られない場合は、バスタオルなどで代用します。

髪を洗いながら…あるいは洗うのを手伝いながら…

私たちの気持ちとしては、いつもシャンプーして差し上げたかったのですが、ご本人に苦痛をもたらしたり、容態への影響も考えられ、残念ながらできませんでした。

臨終前に、あまりシャンプーが実施できなかった場合、その理由をさりげなく説明することも大切です。

簡易シャンプーの手順

シャンプー、リンス、お湯をシャンプーボトルなどに入れたもの、紙オムツ2〜3枚、タオル数枚、ブラシ、ドライヤーを準備します。

  1. 水分を受けるための紙オムツを一枚、頭の下に敷きます。
  2. 頭皮が弱くなっていることを配慮して、頭皮に負荷がかからないように、毛先から優しくブラッシングします。
  3. 髪をお湯で濡らします。
  4. シャンプーをつけて泡立てて、頭皮を傷つけないよう指の腹で優しく洗います。
  5. タオルで泡をできるだけ拭います。
  6. お湯で流します。
    そして、必要なタイミングで紙オムツを取り替えます。
  7. 髪のパサつきをおさえるリンスをつけて、お湯で流します。
  8. タオルドライをして、ブラシで整え、ドライヤーで乾燥させます。
    ドライヤーで乾かす際は、前髪をおろす方向など、髪の整え方を意識して行いましょう。

患者さんファーストの死後ケア Simple Step By Step