img-src=correspondence-to-opening.png=開口への対応-6

当たる部分の肌が、変色してしまう場合があります。ご帰宅後、外してみて、お口が開かないようでしたら、そのまま外し、もし時間が経って、再びお口が開いた場合には、また装着していただいてもかまいません。