img-src=cotton-stuffing-for-mouth-and-nose.png=口や鼻への綿つめ-6

ご遺体は時間とともに変化し、自然現象として口や鼻から体液が流出する場合があります。綿つめは主に、その流出を堰き止める栓の役割として行われていましたが、お尻の方と同様に、綿は栓の役割を果たさないことがわかったのです。もし、「ならわし」として綿つめをご希望の場合は、お帰りになったあと、葬儀社のご担当の方に相談なさってください。