img-src=habit.png=ならわし-4

では、肌襦袢を着ていただきましょう。上半身だけ少し起きるような姿勢で、袖を通していただきたいので、力をお貸しください。