最近、よく聞く「デジタル遺品」という言葉…

一般的な遺品と同じように、対応しないといけないモノなのでしょうか?

何がデジタル遺品で、どう向き合えばいいのでしょうか?

放っておくと、とんでもない被害をもたらすような怖さを感じませんか?

あなたは、どんな印象を持っていますか?

正しく対応するために、デジタル遺品といわれるモノの全体像をつかみましょう。

それによって、やるべきことも見えてくるのではないでしょうか?

デジタル遺品整理パーフェクトガイド

デジタル遺品の基礎知識?

まず、質問です…

「YES」ならチェックしてください。

□ デジタル遺品は実態がないので、放っておいても大丈夫だ。

□ パソコンやスマートフォンを、処分してしまえば安心だ。

□ 機器のパスワードが、分からなくても何とかなる。

□ デジタル遺品で、実害が遺族に及ぶことはない。

1つでもチェックがついたら要注意です。

「デジタル遺品整理スタートアップガイド」へ進んでください。

デジタル遺品の実態と取りまく環境を理解することで、持ち主として、また、デジタル遺品に対峙する遺族として、怖がり過ぎず、怖れすぎず、ちょうどいい向き合い方が見えるようになります。

デジタル遺品の処理方法?

□ パソコンやスマートフォンの処理の仕方は分かっている。

□ 機器に保存したデジタルデータの保全方法を理解している。

□ SNSやブログの死後対応は知っている。

□ ネット口座やネット証券を放置するリスクを理解している。

□ 放置していいモノと手を打つべきモノは、分かっている。

□ 家族に伝えるべきモノと、隠したいモノの線引きはできている。

ほとんどチェックがつく人は、遺族対応編「デジタル遺品を開く!」、または、生前準備編「デジタル遺品を託す!隠す…」へ進んでください。

チェックが少なめの方や、改めてデジタル遺品の全体像を知りたい方は、「デジタル遺品整理スタートアップガイド」へ進んでください。

遺族対応編

質問…

デジタル遺品は、処理を始められる状態にありますか?

□ 故人が持っていたパソコンやスマートフォンが手元にある。

□ パソコンまたはスマートフォンのロックが解除できる。

両方にチェックがついていれば、次に進めますが、それ以外の場合は、

チェックを満たすための捜索を進めるか?

オフラインは諦めて、作業を進めるか?

…の2択となります。

デジタル遺品を処理するために、必要なモノは揃っていますか?

□ 遺族として、何を取り出したいかが、整理できている。

□ パソコンやスマートフォンの操作に慣れた家族がいる。

□ ネット銀行の口座や金融商品の有無が確認できている。

□ 故人が公開しているSNSがつかめている。

全てにチェックが入れば、やるべきことがクリアで、処理するスキルにも問題がありませんので、望み通りに対応できる見込みが高いと考えられます。

チェックが埋まらない場合は、周辺情報を集める必要があります。

デジタル遺品を、どう処理するか決めていますか?

□ 回線契約や定額サービス、SNSなどを解除、または承継する。

□ 数ヶ月後に、新情報が届いてもいいように準備しておく。

このチェックが埋まれば、対外的な処理はほぼ完璧です。

しかし、規約は変動するので目を光らせておきましょう。

デジタル遺品と正しく向き合うためには、現状を把握することから始めなければいけません。

元々あったモノと、今触れられるモノ、遺族が持っているデジタル操作のスキル。

ここを整理します。

周辺情報を集める

家族が亡くなると各方面への連絡や、葬儀社との打ち合わせなどの手続きも重なり、落ち着いて、全てを完璧にこなすのは、難しい状況が続くことが多くなります。

ですから…

できる限りで構いません!

まずは、デジタル遺品やそれを開くパスワードは、時間が経つほど散逸しやすくなります。

できるだけ早く「デジタル遺品チェックリスト」の項目を調べ、該当するモノがあれば現状を維持したまま保管したり、メモして残しておいてください。

それがデジタル遺品解決の、第一歩となります。

また葬儀の前後は、貴重な情報収集のチャンスです。

式前の弔問や通夜振る舞いの席などに、ご友人や職場の同僚の方に、このような話をしてみます。

  • 故人が関わった仕事で、見つからないデータは無いか?…教えてほしい。
  • 金融取引やネット口座の話をしていなかったか?…教えてほしい。
  • FacebookやLINEなど、どんなSNSをやっていたか?…知りたい。
  • 故人とやり取りしていたメールアドレスがあれば知りたい。

しかしSNSなどは、家族に知られたくない場合もあり、ご友人が意を汲み取って話したがらないこともあります。

無理強いはせず、場の空気を壊さない範囲で聞いてみることです。

見つけ出したいデジタル遺品の記入例

見つけ出したいデジタル遺品 ログイン
情報端末 パソコン できる
スマートフォン できない
折りたたみ式携帯電話
タブレット
SIMカード
周辺のデジタル機器 USBメモリ できる
外付けハードディスク できる
マイクロSDカード
デジタルカメラ できる
CD、DVD、ブルーレイDisc
オンライン資産 ネット銀行の口座
FXなどの証拠金取引
株などの金融資産
定額有料サービス できない
FacebookなどのSNS
周辺情報 パソコンやスマートフォンの箱 パソコンのみ
通信・回線契約書類
金融機関からの郵便物 ▲▲社から
最近まで使われていた手帳
やりとりしたメールやメッセージ

 

「見つけ出したいデジタル遺品(Word版)」は、ここからダウンロードできます。

デジタル遺品を開く!

デジタル遺品お片付けすっきりテクニック

生前準備編

質問…

どんなデジタル資産があるか、把握していますか?

□ 情報端末やサービスを含め、デジタル資産を把握している。

□ オンライン上の収支や預貯金などの財産を正確に把握している。

両方チェックがついていれば、デジタル資産に実質的な管理者が存在することになります。

あなたが所持しているかどうかあやふやで、それでいてお金が絡むのは厄介です。

そういう持ち物がないかを、改めて確認してみることが大切です。

デジタル資産を、引き継ぐ準備を考えていますか?

□ 情報端末のパスワードは、何らかの形でメモしている。

□ 契約中のオンラインサービスの、パスワードをメモしている。

□ 家族のITスキルを、把握できている。

□ プライベート情報は、普段からきちんと分けて整理している。

デジタル資産を把握することは重要ですが、遺品になった際の作業の担い手のことも考えておかなければ、実行性を伴う準備もプライベートの保護もできません。

全てにチェックが入っていれば、棚卸し作業はスムーズに進みます。

デジタル資産の生前準備は、できていますか?

□ 万一の時に、対応すべきデジタル資産の一覧をつくっている。

□ その情報が家族に伝わるような、仕組みを整えている。

このチェックが埋まれば、ひとまず安心です。

しかしデジタル資産は、日進月歩で姿を変えます。

定期的に、更新する習慣づくりも必要です。

現状を把握する

今所有しているデジタル資産は、あなたの死後にデジタル遺品となります。

困った遺品にならないようにするには、とりあえず全体像をつかみ、そこから現実的な対応を探っていくことが大切です。

また遺品は、あなたが生前準備する方が、遺族が一から処理するよりも、遥かに楽で、実作業が少ないのです。

あなたは持ち物を好きなように管理でき、整理の仕方も自由に変えられます。

何を持っていて、何を持っていないかもあなたが忘れていても、ちょっと履歴を辿れば把握することができます。

しかし、遺族はそうはいきません。

全てを手探りで探すことになります。

あなたが気まぐれで変更したスマートフォンのパスコードは、遺族の前では、週末の時間を全て割いても間に合わないほどの、作業量の壁として現れることもあります。

逆に少し手間でもあなたの没後に、パスコードが伝わる仕組みをつくっておけば、遺族の膨大な手間を省くことができます。

それは、隠しておきたいデータがある場合もプラスに働きます。

デジタル資産のリストアップ

あなたが所持している情報端末と、契約中の会員サイトなどをリストアップしてください。

  • プライベートと仕事で使っている情報端末
  • メールアドレスやApple ID、Googleアカウントなど
  • オンラインで管理している金融資産
  • 定額で支払っている有料サービス
  • 利用している自身のSNSやブログ、ホームページ
  • 仕事などで使っているクラウドツール

オフラインのデータは、情報端末が把握できれば、そこから整理できますので、後回しでOKです。

そしてIDやパスワード、引き落としの繋がりなど、個別の細かな情報も、後回しでOKです。

一時的なデータしか保存していないUSBメモリや、使っていない情報端末、同じく使っていない会員サイトのアカウントなども、無視して構いません。

放置して誰も困らないモノは、無理に深追いする必要はありません。

伝えたいデジタル資産の記入例

伝えたいデジタル資産 家族に…
情報端末 スマートフォン 090-0000-0000 伝える
会社の携帯電話 080-0000-0000 伝えない
メインパソコン
モバイルノート
契約 プライベートのメールアドレス
仕事のメールアドレス
Googleアカウント
Microsoftアカウント
オンラインデータ ◯◯銀行の口座
〇〇証券にある△△社の株
株などの金融資産
クラウドツールの○○のプレミアムサービス
動画サイト△△の月額見放題プラン
Facebook
LINE

 

「伝えたいデジタル資産」は、ここからダウンロードできます。

デジタル遺品を整理する簡単な方法

デジタル遺品を整理する簡単な方法

デジタル資産メモ

あなたも家族も「見つけ出したいデジタル遺品」や「伝えたいデジタル資産」を通して有用な情報だけをまとめた「デジタル資産メモ」を残すことをお勧めします。

家族はそれを元に、不安材料をひとつひとつ潰していき、あなたは万一の時に、家族に気づいてもらえるように日付を書いて、しっかり保管しておきましょう。

「デジタル資産メモ」は、ここからダウンロードできます。