ほとんどの葬儀屋さんが勘違いしているコト

お葬式=お花 この勘違いが葬儀屋さんだけでなく、葬式に依存してきたお花屋さんをも絶滅の危機に追い込んでいます。企画力がなくても祭壇やお供えとしてお花をたくさん飾ればそれなりに売上が上がりよいお葬式に見えますがお花をお供えする人はいないのです。

その嘘…まだ信じてる?

そもそも互助会の積立金だけでは、お葬式はできないシステムになっています。「互助会は、解約できないと言われた…」そんなご相談を、たくさんの方々からいただいています。互助会の途中解約は可能で、解約手数料は引かれますが、積立金は返金されるのです。

このCMの答え?

お葬式はご逝去されてからすぐに準備をしなければいけません。葬儀会社を決めるところからスタートします。他社との比較すらできずに葬儀会社の言われるままにお葬式が執り行われていくのです。お葬式は知識不足の方が多く妥当な価格にする必要がないのです。

あなたのお力をお貸しいただけないでしょうか?

超低価格葬儀「10万円のお葬式」、小規模特化型家族葬ホール「フューネラルハウス」、無宗教での一日葬…10万円(税込11万円)仏式での一日葬…16万円(税込)仏式での家族葬(通夜~葬儀)…19万円(税込)、ご要望以外に追加料金は必要ありません。

死んで1カ月以内にやること

身近な人がお亡くなりになった直後、1カ月以内に行うべき手続きや、提出すべき届出などについて解説します。流れや順番を、しっかり把握しておけば、二度手間になることもありません。期限が決められている手続きを確認して、優先順位をつけていきましょう。

遺品整理スーパーガイド

遺産や遺品の種類によって整理の仕方が異なります。まず相続財産になるモノとならないモノを分けてから、どのように整理していくかを考えます。故人が大切にしていた遺品やパソコンのデータやSNSのアカウントなど、どのように扱えばいいのかを解説します。

自動車の相続手続き

故人が使っていた自動車も相続財産の対象になります。 自動車は、売却するにしても廃車するにしても、故人の名義のままでは手続きができません。 駐車場代にも注意が必要! 相続手続きを後回しにしていると、費用がかさんで数十万円になることもあります。

不動産の相続手続き

不動産の相続には登記の手続きが必要です。 すぐに売却する場合でも一旦所有権を移転する必要があります。 登記申請の手続きは相続人でもできますが提出書類が多かったり内容が複雑で苦労する場合、司法書士などの専門家に依頼するのが良いかもしれません。

株式などの有価証券の相続手続き

株式、投資信託、国債など故人が保有していた有価証券を相続する場合は名義変更などの手続きが必要です。 管理している証券会社や株式を発行している会社に連絡し名義の書き換えをします。 株式には上場株式と非上場があり種類によって手続きが異なります。

銀行預金の相続手続き

故人の金融機関の口座を相続する場合、銀行口座は凍結されてしまうため注意が必要です。 銀行預金を相続するには、故人の口座の凍結を解除し、預けているお金を使えるようにするための手続きが必要です。 どのように凍結を解除したらよいのかを解説します。

遺産整理は自分でできる!

故人が持っていた金融機関の口座、有価証券、土地と建物、自動車、電子マネーやクレジットカード。 代表的な遺産の相続・名義変更の手続きを解説! 遺産が確定し誰がどう相続するのかが決まったら、遺産を相続するために名義変更や解約の手続きが必要です。

ライフプランをふまえたベスト相続

残された家族が今後どのように生活していくのか? ライフプランをもとに考えていくことが大切です。 相続税が、かからない範囲の相続でも住む場所や生活費を確保しなければいけません。 自宅が相続財産の場合、暮らしていた人の生活に大きな影響を与えます。

配偶者居住権が残された人の生活を守る

配偶者居住権と配偶者短期居住権について解説します。これまでの相続法では、残された故人の配偶者が、住み慣れた住居を売却せざるを得ないケースや、自宅を相続財産として相続した結果、現金をほとんど手にすることができないといった問題を抱えていました。

遺産分割協議は最大の難関

法律では相続人の遺産の割合は定められていますが、その通りに分けられない場合がほとんどで、遺産分割協議を行う場合には相続人全員、相続人が未成年や認知症の方には代理人や後見人が参加する必要があります。また、その内容を遺産分割協議書にまとめます。

相続遺産の見つけ方

相続手続きの中で最も苦労するのが、故人の財産を調べる作業です。金銭的価値のあるモノは、全て相続の対象になります。また借金など、マイナスの遺産があるケースも…どちらが多いのかに合わせて相続を判断し、相続放棄は、他の相続人に迷惑をかけることも…

改正相続法は知らないと損をする

改正された相続法は、故人の預貯金から仮払いが可能になり、高齢の配偶者に配慮した配偶者居住権など、残された人の生活を守る傾向が強くなっています。大切なお身内がお亡くなりになった時、故人を偲ぶ時間をつくれるように法律改正のポイントを解説します。

相続人を簡単に調べるウラ技

誰が相続人になるのか?そして手続きをスムーズにする裏ワザをご紹介します。相続の手続きには、故人と家族の戸籍が必要です。戸籍により、相続関係を証明することができ、全てを揃えることで、隠し子など、他に相続人がいないことの証明にもなるからです。

遺言書の探し方と対処法

故人が、お亡くなりになって、最初に行うべきことは、遺言書の有無の調査です。遺言書を残していた場合、その内容に従って遺産を分けることが法律で定められています。自宅に保管されていた遺言書などは、家庭裁判所で検認という手続きを行う必要があります。

相続のハードスケジュール

相続は、故人の想いを引き継ぐ重要な手続きです。遺族の生活が円満に進むように、基本知識と法改正変更のポイントを確認することで、プロに頼むモノと自分でできるモノを整理して考えられます。ポイントを押さえて手続きを進めることでスムーズになるのです。

復氏届と婚姻の解消をサクッと解説

お亡くなりになった方の名字を名乗っていたその配偶者や子どもは名字をそのまま残すか、旧姓に戻すのかを選択することができます。期限や時効がありませんので、じっくりと考えて手続きすることをお勧めします。そして離婚など婚姻解消について解説します。

忘れがちな死後の手続き

身近な人が、お亡くなりになった後、急ぎではないものの必ずやっておかなければいけない手続きについて解説をします。所得税や相続税の申告など期限があるモノや期間を過ぎると請求ができなくなる埋葬料、保険金、高額療養費などの請求から順に手をつけます。

死亡保険金のもらい方

保険金請求の手順をご紹介します。生命保険に加入していた場合、死亡により保険金が支払われますが、どの生命保険も手続きをしなければ保険金はもらえません。生命保険は手続きから入金までの期間も短く、保険の受け取り人であれば、単独で手続きが可能です。

葬儀後一息ついたらやるべきプロのおすすめ

故人名義の公共料金の支払いなど、費用が発生しているモノに関しては、速やかに名義変更や解約を行いましょう。運転免許証やパスポートなどは、死亡した時点で失効し、効力が失われますが、第三者に悪用されるリスクを防ぐためにも返納手続きを行うべきです。

身内が死んでもらえるお金

年金事務所に、未支給年金の請求書を提出して、未支給分の年金を受け取ることができます。未支給分が受け取れるのは、故人と生計をともにしていた遺族に限ります。また遺族年金がもらえなくても、受給要件に当てはまれば、給付金が支給されることがあります。

死んで2週間以内にやること

健康保険には、健康保険、国民健康保険、後期高齢者医療制度などがあり亡くなると資格喪失の手続きが必要です。また亡くなった方が世帯主の場合、通常、死亡届を受理した時に住民票の世帯主を変更します。介護保険も保険証を返納し、介護保険料を精算します。

困ったときに頼れる死後の専門家

弁護士、司法書士、行政書士、税理士、社会保険労務士…、それぞれの違いが分かりますか?故人の手続きを進めるためには、プロの力を借りる必要もありますが、何を誰に頼めばいいのか、分かりますか?相続のプロの仕事内容や選ぶ時のポイントをまとめました。

死んだ直後にすべきこと

葬儀社の選び方、葬儀社に確認したい内容の項目、お別れの流れ、死亡届や火葬許可申請など…あなたの身近な方がお亡くなりになった時、どういった手順でお別れをするのかをご紹介します。関係者への連絡、葬儀の手配、役所への届出など…。戸惑いの連続です。

死んで身内が困ること

そして手続きの中には、知らないことで損をしたり、面倒くさい…と、サジを投げ出したくなるモノもあります。どんな手続きが面倒くさいのかを知っておけば、心構えが変わります。身近な人が亡くなった後の困りごとは、知っておくことで役に立つものなのです。

生前準備で死後処理は超簡単!

身近な人が亡くなった後、覚悟はしていても「次に何をしなければいけないのか?」「この手続きは誰に相談したらよいのか?」といったことは、死んでから始めることでややこしくなるのです。終活は、死後の面倒をスムーズに片付ける、最も簡単な近道なのです。

デジタル遺品これから対策すべきコト

未来へのデジタル遺品対策や準備は、これを読むことで無駄にはなりません。仮想通貨が流行しスマートフォンのセキュリティが向上。デジタルの世界は変化が激しく、5年後には今の対策は通用しなくなるでしょうが、起こる変化への予測は不可能ではありません。

デジタル遺品整理のゴールデンルール

デジタル遺品を整理する前に、知っておくべきゴールデンルールをご紹介します。作業を進める上で重要な、デジタル遺品の優先順位、対応したいリスト、種類と処理、個別の処理方法、確認するべき法令、その中でも、最優先で処理しなければいけないモノは何か?

デジタル遺品整理スタートアップガイド

インターネットの世界は、利用者本人が亡くなった場合、大企業が提供するサービスであっても放置される無法地帯です。デジタル遺品には、どんなリスクがあり、あなたは遺族として何をすべきでしょうか?そしてあなた本人は、どんな準備ができるのでしょうか?

死後ケアの令和スタンダード

亡くなられた患者さんのご家族は、臨終直後の対応に関する情報がほとんどなく、私たちの声かけや説明の言葉に、スタンスや配慮が反映されます。私たちケアする側の考え方をしっかりと理解することで、ご家族のさまざまな疑問点に、答えることができるのです。

介護問題はお金の問題

介護はお金や資産があれば、何も心配することはありません。なぜなら介護に関するほとんどの問題は、お金で解決することができるからです。問題なのはお金や資産が無い人たちです。お金が無いために、解決策が無いということは殺伐とした現実が待っています。

老人ホームで嫌われる人好かれる人

老人ホームには、向いている高齢者と向いていない高齢者が存在し、介護職員から好かれる人と嫌われる人がいますが、たとえ嫌われていても誠心誠意ひたむきに、献身的に尽くしてくれる介護職員は必ずいます。ここでは老後を快適に生活する方法をご紹介します。

老人ホームの正しい情報を手に入れる方法

老人ホームを選ぶときに自分で判断をするという行為は、最悪の結果を導き出します。それは正しい情報がないことと、正しい老人ホームの事実を知らない人が多すぎることです。入居をしている高齢者の数が増えているので当然ですが入居ミスマッチは減りません。

老人ホーム無駄に多種多様

現在の老人ホームは、存在理由も役割もあいまいで、わざとわかりにくい制度にしているのかと、思わず疑いたくなります。ムダに多種多様なスキームが増大し事業者も利用者も混乱しています。老人ホームの種類や特徴をできるだけイメージしやすくご紹介します。

介護職員の離職率が高いワケ

多くの利用者が介護保険料を使わなくては損だという考えで、制度を利用しているのではないでしょうか?保険料を払っているから権利があると介護現場に過度の負担をかけ過ぎると、自己負担額が膨れ上がり、よほどの富裕層しか介護保険制度を使えなくなります。

老人ホームの真相

老人ホームの口コミサイトは、まったく役に立ちません。老人ホームに入居した経験があるという人は少なく、実態はほとんど知られていないからです。老人ホームとは認知症などの病気があっても安楽に安全に、そして快適に暮らしていくことができる家なのです。

相続税節税テクニック

相続税を減額するためのテクニックは存在します。税金の世界は知らない人は損をして、知っている人が得をしています。富裕層向けに税制の盲点を突くような方法もありますが、一般の家庭で活用できる方法も存在するのです。相続税対策3大ポイントの解説です。

相続税の失敗と処方箋

税務署が手取り足取り教えてくれると思ったら大間違いです。むしろ虎視眈々と相続税を狙っています。実は親の死後、相続税の手続きで、損をしている人は非常に多いのです。税負担で損をしないためにも最新の情報を基に、知識をアップデートしておきましょう。

遺産のリストアップを今すぐやる理由

相続にまつわる話は難解でよく分かりません。何から始めればいいのか?検討もつきません。親の死後のことは家族で話しづらいものです。物も残る、必要な手続きは多い、手続きをしなければ返ってこないものばかり、そして最後には税務署までやって来るのです。

相続法大改正の狙い?

改正相続法の目的は、夫に先立たれた妻を想定した、高齢の配偶者の権利拡大と、故人の遺志を示せる遺言書の普及にあります。その背景にある加速度的に進む高齢化と、相続を巡る紛争の増加、その大きな種になってきた不動産に関わる変更を知っておきましょう。

相続トラブルの法則

遺産争いで裁判になるケースは、5,000万円以下が全体の75%、遺産が少ない場合に、起こりやすいのです。円満に相続を終えるには、親子や兄弟姉妹の間で信頼関係を保つことと、トラブルの火種を把握しておくことです。相続のトラブルには、傾向や法則があるのです。

遺留分?相続が心配なあなたへ

改正相続法に、一部の相続人が頭を抱えたのが、遺言書がある場合の最低限の取り分である、遺留分の金銭払いの原則化です。預貯金の少ない地主さんなどが遺言を残す際には、相続人の遺留分を念頭に置かなければ、より多くの不動産を失う危険性があるからです。

遺言のメカニズム

遺言とは被相続人の死亡により最後の意思に一定の効力を発生させることを目的とする意思表示です。遺言の効力は遺言者の死亡の時から発生します。遺言は相手方に意思表示の到達が要求されないタイプの単独行為で絶対的な力を持ち相続の流れを大きく変えます。

相続人が正しくもらうシンプル講座

親の死はいつか必ずやって来ます。そして相続に誰もが直面することになるのです。親の存在により均衡を保っていた親族との関係も、親の死を機に変化せざるを得ません。これまでのわだかまりが一気に噴出し、難しい問題に巻き込まれ争う可能性すらあるのです。

相続をサクッと解説

相続とは、死者が生前に持っていた財産上の権利や義務を、一定の遺族が受け継ぐことです。また、受け継がれる財産などを相続財産と呼びます。相続は、使われる用語が特殊なため、なかなか理解できません。そんな難解な印象が強い相続を、サクッと解説します。

老人ホーム選びの秘訣を教えます

いいホームであるかどうかは人によって違います。ホームによって特色や強みとなる分野が異なりますので、あなたのニーズを整理することが肝要です。人をだますような悪徳ホームも存在する中あなたに合った施設を探し当てるには、どうしたらよいのでしょうか?

入居型老人ホームの種類と特徴

ある日突然やって来る、介護の問題。しかし、介護制度は複雑で老人ホームには、さまざまな種類と特徴があるのです。いざというときに、悩まないためにも、高齢者向けの住宅の種類と特徴、その違いをしっかりと整理して、介護施設の基礎知識を押さえましょう。

成年後見制度をサクッと解説

成年後見制度は、精神上の障害によって、事理を弁識する能力を欠く者を類型化することで、その法律行為を取り消すことで財産の保護を図り、また取引の相手方に不測の損害を与えないようにすることができます。成年後見制度の民法の条文をサクッと解説します。

訪問介護の真実

介護保険の訪問介護を難しくしている要因の一つにまだまだヘルパーさんを「家政婦」「お手伝いさん」というイメージで捉えている人が多いこともあり、根拠のない生活援助には自立支援・重度化防止の観点から厳しい目が向けられている訪問介護のルールを紹介。

成年後見制度早わかりガイド

成年後見制度には、将来判断能力が不十分になったときに備えておく「任意後見」と、法律行為などを行う「法定後見」との2つの制度があります。本人に代わって、預貯金の引き出しや消費者被害を取り消すなど、後見人の役割や手続きの流れを簡単に解説します。

身元保証等高齢者サポート事業が安心できない理由

身元保証が社会問題になっています。住まいを借りる、有料老人ホームに入る、入院する…人生の大事な場面で要求される保証人。身元保証に生活の支援、死後の葬式など、まとめてサービス提供。おひとりさまの人生に伴走する究極の保険外サービスを解説します。

本人情報シートのメリット

成年後見制度の必要性を検討し、実際に制度利用につなげるに場合、本人の判断能力の評価のために、「成年後見制度の利用の促進に関する法律」が施行され、医師の診断書は必要になりますが、診断書を補完する資料として「本人情報シート」が導入されました。

成年後見の最新情報

成年後見制度は利用者がメリットを実感できる制度への取り組みが始まっています。全国の市町村に「中核機関」を設置して相談しやすい体制づくりが進められているほか、新たに家庭裁判所に提出する「本人情報シート」が導入されるなど最新情報をお伝えします。

デジタル遺品は放置してはいけない!

デジタル遺品にはどういったものがあり、それはどこに遺されているのかを具体的に見ていきます。デジタル遺品にまつわるトラブルのほとんどは、その存在を知らないがゆえに放置していることから起きています。デジタル遺品はもれなく探し出すことが重要です。

遺品整理の賢い方法

少子化や核家族化により高齢者の単身世帯が増加する中、さまざまな業種から参入した遺品整理業者とのトラブルも年々増加しています。パソコン利用者の高齢化で、デジタル遺品の整理・処分には手間と時間とお金がかかり、思いもよらない災いの恐れもあります。

永代供養と散骨 後悔しない供養術

最新のお墓と供養をご紹介します。お墓の種類も多様化し、納骨堂や樹木葬を選ぶ人がかなり増えました。子供がいない、いても子供には面倒なお寺との付き合いはさせたくないといった要望に応えられるのは、納骨堂や樹木葬などの永代供養墓と廃墓に限られます。

墓じまいの落とし穴 改葬と廃墓

墓じまいに直面している地方で生まれ都市部に生活の拠点を移した団塊の世代が70歳を超え、これから日本人の死亡者数は増える一方です。少子高齢化や家族形態の多様化とともに先祖代々の墓の維持管理は難しくなりお墓の扱いをどうするかという問題は深刻です。

お葬式選びの新常識

近年、安価、明朗会計をうたいネット系葬儀社が葬儀業界で存在感を示し、葬儀の簡略化によりお葬式の単価は下落していますが、安易に考えると後悔することになります。故人にとっても、残された家族にも後悔がないように、葬儀に関する新常識をご紹介します。

老人ホーム紹介サービス信頼のポイント

老人ホーム紹介サービスを選ぶポイントをご紹介します。老人ホームを選択することは、驚くほど難しいプロセスです。金儲け主義の紹介事業者のセールストークにだまされる前に必ず読んでください。サービスは無料で提供されますが、隠された価格があるのです。

お別れの会の計画ガイド

お別れの会の事例をご紹介します。お別れの会を計画する際には、故人の個性を反映しているかどうかを判断する必要があります。主催者はすぐに葬儀をしなければならないというプレッシャーを感じないことで、思慮深い計画を立てる時間を持つことができます。

老後の生き方が今の行動を決める

高齢者が行う終活とは、死んだ後に家族が困らないようにすることですが、若いときに始める終活とはあなたの人生を豊かにするための活動です。終活とは前向きに死ぬことを考えることで「生きることについて考える」という「生き方の計画」をすることなのです。

葬儀ができない場合の対処法

経済的な事情を最優先するのなら、葬儀費用を0円で葬儀を行うことができます。事前に対策を講じることと、ほんの少しの知識があれば家族があなたの死後に経済的な犠牲を払う必要をなくすことができます。あなたの葬儀費用を支払うのはあなたの家族なのです。

葬儀屋さんの選び方

葬儀屋さんの選び方ガイドです。葬儀屋さんを選ぶ際に重要な価格や場所などを、簡単なステップで決めることができます。あなたが必要とする葬儀のタイプやあなたの愛する人が適切にお見送りをすることができるサービスを見つけるのに役立つでしょう。