Blog

ブログ

知っておくべき喪中の風習

知っておくべき喪中の風習

日本には古くから受け継がれてきた様々な風習が存在します。

その美しさは日本特有であり、中には喪中や忌中に関するものも含まれています。

身内を亡くすと、四十九日が忌中、神道では五十日であり、一年間が喪中とされます。この期間において、おめでたい席や派手な催しは避けるのが習慣となっています。

喪主になると、告別式や遺産分割、お墓の手配などで忙しくなりますが、これらの業務を終えた後には一息つきたいものです。

喪中期間中は、少なくとも忌中までは遊興を控えるべきとされていますが、喪に服して慎むというのは古風なしきたりとも思えます。

気になるのは、この期間に旅行などに行ってもよいかどうかです。

喪中の家族旅行?

身内に不幸があった場合、知り合いには喪中はがきを出すことが一般的です。

喪主に近い立場では本当に忙しく、手間もかかりますが、順を追って喪中はがきの手配を行います。

お葬式が終わり、喪中はがきも出せたなら、その後にはゆっくりと時間を取りたいと考えることもあります。

喪中期間の忌中までは遊興を控えることが一般的な目安ですが、法的には昭和22年に廃止されており、今では本当に目安となっています。

遊興と旅行は同義ではありません。

決まりがないため、旅行に行くかどうかは本人次第です。

大切な家族を亡くした悲しみに暮れることは、故人にとっても望ましくありません。

温泉でゆっくりと気分転換することは素晴らしい選択です。

家族だけでの旅行が気が引ける場合は、遺影と一緒に旅することもひとつの方法です。

喪中の飲み会?

日本では、1年以内に身内を亡くした方は、喪中の期間中は派手なイベントや祝い事を避ける慣習があります。

これは歴史的にも根付いています。

神道においては、忌中(50日)でも慎み深い傾向がありますが、喪中は1年間に及びます。

したがって、喪中であっても飲み会(精進落としとして誘われることもありますが…)に参加することで気分転換ができるかもしれません。

結論としては、喪中の飲み会への参加は本人の気持ち次第です。

派手すぎる騒ぎは控えるべきですが、穏やかに仲間たちとお酒を楽しむことは非常識ではありません。

一方で、忌中の四十九日に誘われた場合は欠席が適切で、強制出席の場合は事情を幹事に説明して二次会以降は辞退し、一次会だけで帰宅するのが良いでしょう。

喪中の風習

喪中期間には、家族や遺族が守るべきマナーやルールが存在します。

近親者を亡くすのは辛い出来事ですが、その後のマナーを理解しておくことが重要です。

そのなかで忘れてはならないのが、喪中はがきを出すことです。

これは日本の歴史の中で長らく行われてきた風習の一環です。

喪中はがきは、亡くなった方への感謝の気持ちを表すと同時に、年始の挨拶や年賀状を控える旨を伝える案内とも言えます。

送るタイミングは相手が年賀状を用意し始める前で、通常11月中旬にハガキを送ります。

もし12月に不幸があった場合は、松明けの1月7日以降に喪中見舞いや寒中見舞いのはがきを郵送します。

喪中期間には飲み会などのイベントを慎重に選ぶ一方で、こういった習慣を大切にしましょう。

また、喪中はがきの書き方にも注意が必要ですので、そのコツを押さえて作成することが重要です。

喪中はがきの入手方法

喪中はがきを利用するのは、人生の中でほんの数回の機会です。

多くの場合、それは突然にやってきます。

いざ、必要となった場合は、どこで調達をしたら良いのでしょうか?

そこで、喪中はがきの入手の方法についてご紹介します。

購入方法

喪中はがきをどこで購入すれば良いのでしょうか?

日本郵便は全国でしています。

一方で、民間のコンビニや店舗はお客様の求めるものを提供するのが原則です。

売れない商品は品揃えから外されます。

喪中はがきは年賀はがきに比べると需要が少ないため、店頭での品揃えがも少なかったりします。

喪中はがきに利用される無地の郵便はがきは、切手部分が胡蝶蘭になります。

弔事用63円普通切手・花模様も在庫数は通常の郵便はがきや郵便切手に比べて少なく、急な不幸の場合、手に入れるのが難しいことも考えられます。

郵便局で購入

郵便局では、喪中はがきに利用される無地の胡蝶蘭が切手欄に印刷された郵便はがきが取り扱われています。

これは、かつて官製はがきと呼ばれていました。

また、白い花を配した弔事用62円普通切手・花模様も私製はがきに利用できます。

少量の場合はこれらのはがきや切手を購入して手書きの喪中はがきを作成します。

送り先が多い場合は、手書きでは大変なので、プリンターで印刷するか、郵便局でも印刷済みの喪中はがきを購入できます。

プリンターで印刷する場合は、インクジェット用の喪中はがきも用意されています。

ただし、これらのサービスは基本的に日本郵便の協力業者を通じたもので、郵便はがきの値引きができないため、価格的にはメリットがないかもしれません。

最近では、郵便局でも喪中はがき印刷サービスを提供しており、印刷通販や印刷代行サービスと同等です。

会員登録すると宛名印刷や投函代行も可能で、早期割引やWEB申し込みによる割引なども用意されています。

コンビニのサービス

喪中はがきの最も大きな役割は、喪中であることを理由に年賀状を欠礼することをお知らせすることです。

従って、いつまでに投函する必要があるのかという点では、年賀状の制作が始まる前に届く必要があります。

第一の役割が欠礼の挨拶であるなら、第二の役割は不幸があったことを知らせることかもしれません。

コンビニで販売されている印刷済みの喪中はがきは既製品ですので、残念ながらこのニーズに対応できません。

コンビニで喪中はがきがあまり置かれていない理由も、このようなニーズに十分に対応できていないからかもしれません。

コンビニはこのようなニーズに応えるために、年賀状や喪中はがきの印刷代行サービスを提供しています。

コンビニエンスストアはモノを売るだけでなく、印刷代行サービスなどのソフトの販売も手がけ、これはビジネスの拡大戦略の一環です。

印刷代行サービスを利用すれば、故人のお名前や人となりの紹介など、様々なニーズに対応した喪中はがきを効率的に作成できます。

送り先の名前や住所をデータ化しておくことで、宛名印刷も簡単に行え、データは年賀状などにも活用できます。

コンビニの存在感

コンビニは今や生活に欠かせない役割になっています。

郵便局と同じ価格で郵便はがきや切手を販売しているため、郵便局が近くにない場合などは非常に便利です。

ただし、お店によっては扱っていない場合や在庫が少ない場合もあるので、確認が必要です。

日本には約23,075の郵便局がありますが、コンビニは日本フランチャイズチェーン協会のデータによれば、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートの3大チェーンだけで2023年時点で56,919店舗が営業しており、その存在感は圧倒的です。

コンビニでは切手やはがきの販売だけでなく、年賀状の季節には印刷済みの喪中はがきが5枚セットや10枚セットで販売されます。

ただし、故人の名前が入れられない、文章のバラエティがないなど、既製品ならではの課題があります。

最近ではコンビニでも印刷代行サービスを展開していますが、店舗が大きな意味を持つため、宛名印刷までは受けていても、投函代行までは行わず、店舗受け取りが基本となっています。

どこでも購入できる喪中はがき

現在、ネット通販は幅広く利用されています。

楽天やアマゾンなどインターネットでは、品揃えも非常に豊富で、喪中はがきも販売ラインに組み込まれています。

スーパーやショッピングモール、書店、ハンズやカメラ店などでも喪中はがきは手に入ります。

意外と多くのお店で購入可能です。

喪中はがきの購入に際しては、作成の納期や必要数量の検討が重要です。

納期の問題や数量の選択はコストにも影響しますので、慎重に考えることが必要です。

代行サービスのメリット

郵便局やコンビニに比べて、利便性や価格などで優れているのが印刷代行、印刷通販サービスです。

各業者によって異なるサービスが提供されていますが、これらを利用すれば、わざわざ喪中用のはがきを買う手間が省けます。

最大のメリットは、自分で印刷する際のミスや失敗の心配がないことです。

印刷はオフセット印刷やデジタルのオンデマンド印刷を使用しているため、家庭用のプリンターで発生するインキの乱れやにじみなどの問題がなく、高品質な印刷が実現できます。

宛名印刷や投函代行などのサービスも利用でき、最初のデザインや文章の選択と宛名リストの作成以外の手間から解放されます。

さらに、発注時期によっては割引サービスなども提供され、柔軟で効率的な利用が可能です。

まとめ

喪中ハガキは、コンビニやスーパー、家電店などで手に入り、ネットで検索結果すば、多くのサイトが競争しています。

各社の価格や機能を比較し、全体の状況を考慮して最適な発注が重要です。

他にも文房具店や家電量販店でも入手可能で、投函のタイミングは早めに手配が必要です。

費用、枚数、スピードを考慮して最適なショップを選ぶことがスムーズな手続きにつながるポイントです。

ブログ一覧

Contact
お問い合わせ

お問い合わせはお電話・メールフォーム・LINEより承ります。
お気軽にご相談いただければ幸いです。
ご危篤・ご逝去でお急ぎの場合は【至急】お電話ください。