Blog

ブログ

知っておくべき喪中欠礼法

知っておくべき喪中欠礼法

喪中欠礼のエチケットに関する知識を深め、故人やその家族に対する思いやりを示すために、喪中はがきの基本知識をしっかりと理解することが不可欠です。

この記事では、喪中におけるマナーや配慮についてご紹介解説していきます。

喪中欠礼とは

「喪中欠礼」とは、日本の慣習やエチケットに関連する言葉で、故人を偲ぶために一定期間、特に喪中の家庭や関係者に対して行われる挨拶や態度のことです。

この期間中、喪中の家庭や関係者は悲しみや悔やみを抱えているため、普段の挨拶やお祝い事は控えるのが一般的です。

喪中欠礼の期間は通常、葬儀が終わってから7日から49日までの間です。

親しい関係者や友人、知人はその期間中に喪中の家庭に対して控えめな挨拶をし、お悔やみの言葉をかけることが一般的です。

これは、故人を偲び、喪家が静養できるようにするための慣習とされています。

喪中はがきの基本知識

喪中はがきについての基本事項をお伝えします。

11月中旬から喪中はがきが届き始めます。

これは、年賀状のやり取りを遠慮するための通知となります。

年賀状のやりとりをしている方々に、今年はおめでたい挨拶を差し上げない旨をお知らせし、故人を偲んでいる時期であることを理解いただきます。

一般的にはがきがよく使われますが、目上の方に対しては封書も用いられることがあります。

封書を使う際には、二重の封筒は避けます。

不幸が続くという意味を持つため使いません。

喪中は、故人が1年以内に亡くなった場合や、続柄で言えば2親等以内の近親者に不幸があった場合に適用され、通常は1年間続きます。

喪中はがきは年賀状をやり取りしている方に送りますが、常に交流のある近親者や親戚には送付されないこともあります。

故人と面識のない仕事のお付き合いである場合は、余計な心配をかけないように通常通り年賀状を送ることが一般的です。

これも相手への心遣いの一環です。

喪中はがきを作成する際の文例と利用するはがきや切手については、形式に厳格な決まりはありません。

基本的には年賀状を欠礼する旨を伝えつつ、亡くなった方の情報や続柄、感謝の気持ちやお付き合いへの気遣いを丁寧に記述します。

おめでたいイメージの言葉ではなく、年始や年頭といった表現を選びます。

喪中はがきには、郵便はがきとして日本郵便の特定デザインが用意されています。

私製はがきを使用する場合は、弔事用の白とグレーの花模様が入った切手を利用します。

これは些細な心遣いですが、大切に覚えておきましょう。

喪中はがきの基本原則

喪中はがきを作成する際の文例と利用するはがきや切手についてご紹介いたします。

形式に厳格な決まりはありませんが、基本的には年賀状を欠礼する旨を伝えつつ、亡くなった方の情報や続柄、感謝の気持ちやお付き合いへの気遣いを丁寧に記述します。

おめでたいイメージの言葉ではなく、年始や年頭といった表現を選びます。

喪中はがきには、郵便はがきとして日本郵便の特定デザインが用意されています。

私製はがきを使用する場合は、弔事用の白とグレーの花模様が入った切手を利用します。

これは些細な心遣いですが、大切に覚えておきましょう。

喪中はがきへの適切な配慮と対応のポイント

喪中はがきを受け取った際、どのように対応すればよいかを考えることがあります。

対応方法はいくつかあり、状況に応じて選択することが大切です。

まず、「何もしない」という選択肢があります。

これは冷たい印象を与えるかもしれませんが、誤りではありません。

実際には多くの人がこの方法を選んでいます。

相手は身内を亡くし、心身に多くの負担がかかっています。

その状況を考慮し、何もしないことが適切な場合もあります。

もちろん、普段からのお付き合いがある場合や、何か一言慰めの言葉を伝えたい場合は、相手の状況を尊重しながら電話などで気持ちを伝えることも一つの方法です。

お互いの関係性を考え、心からの配慮を大切にしましょう。

寒中見舞いと喪中見舞いの選択と基本ポイント

寒中見舞いや喪中見舞いも一つの選択肢となります。

寒中見舞いは松明けから大寒(節分の最終日)までの時期に贈られ、年賀状に代わる挨拶状として活用されます。

一方、喪中見舞いは時期的な制約がなく、喪中はがきを受け取った際に早めに思いを伝えたり、お線香やお花を贈る際に利用されることがあります。

喪中見舞いは対応が少し煩雑になりますが、寒中見舞いと同様に喪中ハガキへの挨拶状として使われます。

喪中見舞いの文例はインターネットなどで入手可能ですので、参考にしていただくと良いでしょう。

基本的な原則は、おめでたいことや余計なことは避け、シンプルかつ心からのお悔やみの言葉を表現することです。

宛て名印刷に対する誤解と真実

家族や親族に不幸がある際、年賀状のやり取りを控える必要があります。

不幸の連絡を年賀状のやり取り相手にするために、喪中はがきを早めに送ることが一般的です。

しかし、喪中はがきの文例や宛て名の悩みが生じることがあります。

一部では宛て名印刷が失礼だと考えられることもありますが、それが必ずしも失礼に当たるわけではありません。

時間的余裕がない場合や大量発送の際は宛て名印刷でも問題ありません。

ただし、印刷であっても気持ちを込めることが重要で、適当な気持ちでの大量印刷は避けるべきです。

手書きでも印刷でも、丁寧に気持ちを込めて制作することが基本です。

喪中の状態では多忙な日々が予想されるため、相手に無理をさせないよう心遣いが必要です。

手書きが難しい場合や雑になってしまう場合は、最初から宛て名印刷のサービスを利用することも一つの手段です。

喪中はがきは、相手に喪中であることを伝えれば十分であり、宛て名印刷にこだわりすぎる必要はありません。

喪中はがきのフォントの選択

喪中はがきは、一年以内に親族に不幸があったことを伝え、新年のあいさつを控えるために使われる年賀欠礼はがきです。

普段あまり使われないため、作成に戸惑う方もいます。

どの書体を使用すればよいかや内容、出す時期などについての疑問が生じます。

特に書体は文章全体に影響を与えるため、正しい書体の使用が必要です。

喪中はがきに適した書体は明朝体または行書体であり、変わり種の書体は避けるべきです。

ゴシック体でも装飾が少ないものであれば使用可能ですが、他の書体は使う必要がありません。

喪中はがきは薄墨でなくてもよく、印刷時も必ずしも薄墨でなくても構いません。

ただし、プリンターが薄墨印刷可能であれば、それで印刷することをお勧めします。

文字は基本的に縦書きで記入しますが、メールアドレスを記載する場合は横書きが一般的です。

ただし、年配の方やマナーに厳格な方には横書きが受け入れられにくいことがあるため、可能であれば無難に縦書きが良いでしょう。

喪中はがきの送付時期は11月中旬から12月上旬がお勧めで、相手にとっても年賀状の作成に支障がない時期です。

印刷時の薄墨設定

香典の場合には薄墨がマナーとされていますが、喪中はがきにも同様に薄墨を使用すべきか悩むことがあります。

香典に薄墨を使う理由は、涙で滲んでしまったり急な出来事で墨を磨く時間がなかったためです。

しかし、喪中はがきは事前に準備できるため、必ずしも薄墨である必要はありません。

薄墨で書くと郵便物の読み取りが難しくなり、正確な配達が難しくなる可能性があります。

手渡しではないため、配達の際には読み取れる濃さで送ることが大切です。

喪中はがきには相手への気遣いが必要で、薄墨が亡くなった方への気遣いであれば、郵便局にも読み取りやすい文字色にする心遣いが必要です。

現代では年賀状や喪中はがきが手書きではなく印刷されることが一般的です。

印刷を行う際には、薄墨設定を選択できる機能があることがありますが、マナーを考えると薄墨設定は避けた方が良いです。

宛名だけ薄墨設定にする方法もありますが、機械が郵便番号を認識できるため読み取りに問題はありません。

ただし、薄墨の使用意義を考えると、準備期間がある喪中はがきには黒文字が適しているでしょう。

喪中はがきを手書きする場合は、宛名や文字濃さに気を付ける必要があります。

喪中はがきには一般的に筆や筆ペン、万年筆が使われますが、ボールペンは避けるようにしましょう。

喪中はがきの日付の書き方

喪中はがきを出す際には、日付に細心の注意が必要です。

喪中はがきは、自身の近親者が亡くなり新年の挨拶ができない旨を伝えるためのもので、通常は故人の亡くなった日付と差し出す日付の2つが書かれます。

ただし、デザインやテンプレートによっては故人の亡くなった日付を省略することもあります。

喪中はがきの文面には特定の基準はなく、テンプレートに基づいて書くことが一般的です。

月日の表記に関しても、11月または12月に投函することが一般的で、月は11or12と記されることが多いです。

差し出す際の日付については、原則として12月を記載しますが、令和〇年〇月〇日や令和〇年〇月といった表現もあります。

注意すべき点として、令和〇年元旦は避け、新年の挨拶の代わりとして使わないようにしましょう。

喪中はがきは出す機会が少ないため、テンプレートに従って作成すれば難しさを感じることはありません。

年齢の表記 : 数え年 vs 満年齢

喪中はがきの送り方において、年齢の記載には注意が必要です。

通常、喪中はがきは故人の年齢を数え年で表記しますが、最近では満年齢を用いるケースも見られます。

喪中はがきを作成する際、享年を使うべきかどうかも重要です。

数え年であれば享年を使用しても問題ありませんが、満年齢の場合は享年という表現は避けるべきです。

これは、享年が通常、満年齢を示す際に使用されるため、相手に実際の年齢を伝える上で混乱を招く可能性があります。

法律上、1950年に年齢表示に関する法律ができ、満年齢の使用に問題はなくなりました。

喪中はがきは年に一度の送付ではあるため、テンプレートを活用することで簡単かつ適切に送ることができます。

まとめ

喪中欠礼のエチケットは、故人やその家族に対する深い思いやりを表す大切な概念です。

喪中はがきの基本原則や、寒中見舞いと喪中見舞いの選択に添った配慮、宛名印刷の誤解、書体や薄墨設定に関する注意点、そして日付や年齢の表記方法まで、これらの要点を押さえることが喪中エチケットの実践において重要です。

最終的には、文章だけでなく、心からの思いを込めて喪中はがきを作成することが、相手に対する誠実な感謝の表れとなります。

大切な人への最後のお別れに際して、このエチケットを理解し、実践することで、故人への尊重と温かい気持ちを伝えることができます。

ブログ一覧

Contact
お問い合わせ

お問い合わせはお電話・メールフォーム・LINEより承ります。
お気軽にご相談いただければ幸いです。
ご危篤・ご逝去でお急ぎの場合は【至急】お電話ください。