Blog

ブログ

喪中挨拶の伝え方ポイント

喪中挨拶の伝え方ポイント

喪中はがきの送付は人生であまり頻繁な機会ではありません。

そのため、喪中はがきのルールやマナーを把握している方は少ないかもしれません。

不幸は突然やって来るもので、それが年末に近づいたときもあります。

もしもの時に焦らずに対応するために、喪中はがきの基本についてご紹介します。

喪中はがきの最適な送付時期

まずは、喪中はがきの適切なタイミングについてご説明いたします。

このタイミングを見誤ると、通常年賀状をやり取りしている方々に心地よくない思いをさせたり、不適切な迷惑をかけることもありますので、細心の注意が必要です。

具体的な送付時期は特に定まっていませんが、最も重要なのは「送り先の方々が年賀状の準備を始める少し前に、喪中はがきをお送りする」ということです。

遅すぎると既に年賀状が準備されている可能性があり、逆に早すぎると喪中はがきの受け取りを忘れ、年賀状を送ってしまうかもしれません。

年賀状の準備が始まる時期についてですが、元旦までに到着させるためには12月15日から12月25日までにポストに投函する必要があります。

このため、早い方では11月中旬から、一般的には12月初旬から年賀状の用意を始めます。

そのため、理想的な喪中はがきの送付時期は11月中旬から12月15日までです。

もしも親族の不幸がこの期間を越えてしまった場合、以下の方法が考えられます。

①年末までにできるだけ早く喪中はがきを送付する。

②年末に近い場合は、寒中見舞いを使って親族の不幸をお知らせする。

寒中見舞いの送付は、1月7日から2月4日の間に行うのが適しています。

早期注文のメリット

喪中見舞いを業者にお願いする場合は、なるべく早めに注文手続きを完了させることがお勧めです。

その理由は、早期注文によって割引を受けることができるからです。

業者によっては、10月中に注文すれば、かなりの割引が適用される場合もあります。

年末は多忙な時期ですので、余裕を持って事前に手配しておくことで、心にも余裕ができるでしょう。

適切な送付先

喪中はがきを送る基本的な趣旨は、「年賀状を送ることができない旨を伝える」ということです。

そのため、喪中はがきは通常、普段から年賀状のやり取りをしている人や、今年初めて年賀状を出そうと考えていた人に送るのが一般的です。

故人の訃報を伝えるものではないため、年賀状のやり取りがない関係の人に送るのは控えるべきです。

ただし、相手が仕事先の場合は必ずしも喪中はがきを出す必要はありません。

余計な気を使わせないためや、公私を分ける意味で、喪中であっても仕事先には通常通り年賀状を送るという選択をする人も多いようです。

喪中はがきの基本的な目的

喪中はがきを送る予定だった相手から、先に喪中はがきが送られてきた場合でも、通常通り喪中はがきを送ることがおすすめです。

喪中はがきは、年賀はがきを送ることができないことや、受け取ることができないことを伝えるものです。

年賀状ではないため、相手が喪中であっても送ることは失礼に当たりません。

その際、相手の親族の不幸に対するお悔やみの言葉を一言添えるとさらに良いでしょう。

喪中はがきを受け取った場合

喪中はがきを初めて受け取った時、その後の適切な対応はどのようにすべきでしょうか?

例えば、

▪返信はすべきなのか?
▪どのような形で返信すれば良いのか?
▪喪中ハガキのNG対応は何か?
▪返信のデザインはどのようなものがあるのか?

これらの解決策を、以下にご紹介します。

「喪中ハガキ」への返信の基本的な考え方

喪中ハガキへの返信の必要性には厳格な決まりはありません。

悔やみや励ましの気持ちを伝えたい場合は、返信することもできます。

ただし、「返信不要」と明記されている場合は、検討が必要です。

なぜなら、返信するとそれに応じて再び連絡をとらなければならなくなります。

そのため、基本的には「返信不要」が記載されている場合、返信は不要です。

もし気持ちを伝えたい場合は、メールなどで伝える方法もあります。

特にSNSや携帯メッセージは相手に負担をかけずに感情を伝えられる手段です。

「喪中見舞い」の返信の適切な時期

喪中見舞いにハガキでの返信では、次の二つが適切です。

①喪中見舞い
②寒中見舞い

これらは、返信の時期によって使い分けがあります。

年内に喪中はがきに返信する場合は「喪中見舞い」を、年が明けてから返信する場合は「寒中見舞い」が適しています。

寒中見舞いを送る場合は、通常、正月飾りを片付ける日を過ぎた1月8日から節分の前の2月3日までが一般的な決まりです。

お悔やみの返信のマナー

喪中見舞いや喪中ハガキへの返信として、寒中見舞いを出す際には、以下の点に気をつけましょう。

1.お悔やみの言葉を的確に伝える

返信の主旨はお悔やみの気持ちをしっかりと伝えることです。

ただし、故人の具体的な話題には触れすぎず、悲しみを深めないように心掛けましょう。

一般的なお悔やみの表現からスタートし、「○○様のご冥福を心よりお祈り申し上げます」といった優しい言葉で締めくくります。

親しい友人への返信では、「何かできることがあればいつでも言って」といった、寄り添う趣旨の言葉を添えるのも良いでしょう。

2.祝い言葉は慎重に扱う

新年を迎えての返信において、「新年おめでとう」などの祝い言葉は避けましょう。

喜びや幸せを連想させる言葉は不適切です。控えめで慎み深い言葉を選ぶことが大切です。

3.デザインのポイント

当然ながら、喪中見舞いと年賀状のデザインは全く異なります。

喪中見舞いのデザインには、一般的に白黒が関連付けられることがありますが、カラーの使用もOKです。

ただし、無差別にどんな色でも良いわけではなく、特によく使用されるのが薄い紫です。

これは仏壇関連の道具にも頻繁に見られる色であり、理解できる選択と言えるでしょう。

次に多く使われるのは青や緑で、これらも薄い色調が好ましいです。

デザインの要素としては、花を取り入れたものがよく見受けられます。

蓮、桔梗、菊の花などは確かな選択肢です。

年末に親族が亡くなった

家族や近い親族が亡くなった場合、通常は年末に喪中はがきを出すのが一般的です。

しかし、年末に亡くなった場合、喪中はがきを用意する余裕がなかったり、心の余裕がないこともあります。

このような場合、喪中である旨をメールで連絡することが考えられます。

ただし、この行為がマナーに反していないか気になります。

喪中はがきを出す理由は、歴史的な視点から見ると、朝廷に仕える役人たちが家族に不幸があった際、その穢れが他者に移らないように家に閉じこもり、朝廷への年始の挨拶ができない旨を知らせる欠礼が始まりとされています。

これが現代の喪中はがきの起源です。

現代では死を穢れと見なす考え方は減りつつありますが、年始の挨拶である年賀状のやり取りができない旨を知らせるために、喪中はがきの習慣が残っています。

喪中の挨拶

最近では、年始の挨拶をメールやLINE、SNSを利用して行う方が増えています。

年賀状風の画像作成ツールや無料のスタンプも利用され、手軽にメッセージを送ることができます。

一方で、喪中はがきは年賀状のやり取りをしていた人に、今年は挨拶が難しい旨を伝えるものです。

そのため、喪中の連絡もメールで良いのではと考える方もいます。

ただし、現状では喪中はがきはまだ郵便はがきで出すのが主流です。

親しい友人で礼儀や風習にこだわりの少ない相手であれば、メールでの連絡も考慮できますが、仕事関係ではメールが非常識と受け取られる可能性もあります。

安全策としては、郵便はがきで喪中の連絡をすることが無難です。

メールでの喪中挨拶の文例

友人にメールで喪中の連絡をする際の文章例をご紹介します。

○○さん、(自分の名前)です。
今年の○月に(親族の続柄)が他界したため、年始の挨拶を控えさせてもらいます。
来年もどうぞよろしくお願いします。
それでは、良いお年をお迎えください。
返信は不要です。

メールを送る際には、軽すぎない表現を心がけましょう。

相手に気を使わせず、顔文字や絵文字、スタンプは使わないようにしましょう。

最後に、「返信不要」と明記しておくと良いです。

行き違いの年賀メールの対応

喪中であることを伝えられなかったり、行き違いで年賀メールが寄せられることがありますね。

気分的には返信するのが難しいこともあるかもしれませんが、相手の気持ちを考えると、できるだけ早く返信するのが良いでしょう。


賀詞は避け、「昨年中はお世話になりました。今年もよろしくお願いします。」など、シンプルな表現でお伝えするのが良いですね。

喪中メール「返信不要」の意味と注意点

喪中メールが送られてくる際、「返信不要」と書かれていることがあります。

これは、絶対に返信してはいけないわけではなく、「必要」ではないという意味です。

したがって、励ましの言葉などを伝えたい場合は、返信しても構いません。

ただし、喪中メールを送った方は多くの返信に返える必要があり、読むのにも時間がかかります。

そのため、あまり長い文章は避け、簡潔に心を伝えることが良いでしょう。

まとめ

喪中の挨拶に関するこの記事では、喪中はがきの送付から返信まで、様々なポイントにフォーカスしました。

喪中ハガキの重要な要素やマナーを知り、適切な気遣いをすることは、愛する人との最後の別れに対して尊重と共感を表す手段となります。

喪中はがきを送付する際の最適なタイミングや早期注文のメリット、適切な送付先の選び方など、これらの知識を持つことは、感謝と敬意を込めたコミュニケーションを築く一環です。

また、お悔やみの返信や喪中見舞いへの返信の適切な時期についても理解することで、思いやりあるコミュニケーションと喪中の挨拶において感情を適切に表現し、相手に寄り添う上での心強い手引きとなることでしょう。

ブログ一覧

Contact
お問い合わせ

お問い合わせはお電話・メールフォーム・LINEより承ります。
お気軽にご相談いただければ幸いです。
ご危篤・ご逝去でお急ぎの場合は【至急】お電話ください。