Blog

ブログ

終活での医療選択の重要性

終活での医療選択の重要性

私たちの人生は予測不可能で、万が一の状況に備えることは大切です。

終活を進めるうえで医療と介護の意思表示も、あなたと家族に与える安心感、そして最善の選択をするための手助けになるのです。

このブログ記事では、終活における医療と介護の意思表示の重要性が家族とあなたに与える影響について詳しく解説します。

あなたの価値観に基づいた医療選択

私たちは皆、異なる価値観と信念を持っています。

そして、医療の選択もまた、あなたの価値観に合わせるべきです。

医療と介護の意思表示は、どのような治療を望むのか?

どのようなケアが必要なのか?

もしもの時に、あなたの声を家族や医療スタッフに伝えられることは、心の安心感をもたらします。

例えば、どれだけの治療に耐え、どこまで延命措置を受けたいのか?

…を、信念に基づいて選択できるのです。

これは終活とともに、最善の医療選択をするための重要な一歩です。

医療と介護の意思表示が家族に与える安心感

意思表示は、あなただけでなく、家族にも多くの安心感を提供します。

もしもの時、家族はあなたの願いを尊重し、医療の決定をする際の指針となるでしょう。

これは、家族に対する贈り物であり、あなたの大切な人々に寄り添う方法です。

また、医療と介護の意思表示は、争いを避け、家族間のコミュニケーションを円滑にします。

家族があなたの願いを知り、尊重することで、深刻な対立や不安を軽減できるのです。

医療・介護の意思表示

時には、認知症や重大な事故や疾患が原因で、自身の判断力が低下してしまうことがあります。

このような状況で、どのような医療治療を受けるか、どこで治療を受けるか、またはどの介護方法を選ぶかについての意思表示が必要となります。

本来なら、これらの決定は本人自身に委ねられるべきですが、実際の状況によっては周囲の協力が必要となることもあります。

良い例として、認知症を患っている高齢者が挙げられます。

認知症の進行により、本人の判断能力が低下し、医療や介護に関する決定を自分で下すことが難しくなります。

このような場合、家族や医療スタッフが患者の意思を代弁し、患者が受ける治療や介護に関する決定を下す手助けをすることが重要です。

医療や介護の意思表示に関して、厚生労働省によってガイドラインが公表されています。

これらのガイドラインには、次の基本原則が含まれています。

1.本人の意思を尊重する

患者が自分自身の意思を表明できる範囲で、その意思を尊重しましょう。

2.本人の意思能力を配慮する

患者が意思を表明する際の能力に応じて、配慮を行いましょう。

3.チームによる早期からの継続的なサポート

患者だけでなく、医療従事者、介護従事者、さらには家族など、関連するチームとの連携とサポートが必要です。

意思の尊重

認知症や重度の障害により、本人が言葉で自分の意志を伝えることが難しい場合、その人の意思を尊重することが非常に大切です。

具体的な例を挙げてみましょう。

ある高齢者は認知症が進行しており、言葉が不明瞭になりました。

しかし、その人が以前から特定の音楽を楽しむことが好きだったことがわかりました。

この場合、サポートする人々は本人が音楽を楽しむことを理解し、彼が好きな音楽をかけることで、その人の意思を尊重します。

さらに、コミュニケーションが言葉だけでは難しい場合、身振り手振りや表情の変化にも注意が必要です。

例えば、入院中の患者が食事の際に笑顔でいる場合、その食事が好みであることを示しています。

サポートする人々はこのサインを読み取り、本人の意思を尊重し、同じような食事を提供するでしょう。

さらに、本人が伝えたいことや欲しいものを理解するために筆談やコミュニケーションボードを使用するなど、さまざまなアプローチが考えられます。

このような方法を取ることで、本人の意思を尊重し、彼らの生活の質を向上させることが可能です。

意思能力決定の配慮

本人の意思能力決定の配慮は、その障害の程度にかかわらず、サポーターによって慎重に考慮されるべきです。

たとえ本人が意思決定能力を持たないように見えても、サポーターは可能な限り支援を提供し、本人ができる範囲で自分自身の意思を表現できるよう努力します。

例えば、ある人は重度の自閉症を抱えており、他人にコミュニケーションをとることが難しいかもしれません。

しかし、この人がコミュニケーションボードを使用して喜びや不快感を表現し、自分の意思を示すことができる場合、サポーターはその手段をサポートし、意思決定プロセスを向上させます。

さらに、本人の意思能力を向上させるために、リハビリテーションプログラムやコミュニケーションスキルの訓練を提供することも考慮されます。

例えば、脳卒中の後遺症で言語機能に障害がある場合、リハビリテーションを受けてコミュニケーション能力を回復させ、本人が自分の意思をより効果的に表現できるよう支援されるでしょう。

チームで早期から継続支援

チームによる早期からの継続的支援は、特に高齢者や認知症の患者など、複雑な医療や介護のニーズを抱える人々にとって重要です。

早い段階から関係者の協力を得て適切なケアと支援を提供することが求められます。

以下に、具体例を挙げて詳しく解説します。

1.家族の連携

家族が患者の介護と医療の意思決定を共に行う場合、情報共有が不可欠です。

例えば、高齢の親の介護をする子供たちが、親の病状や医療予定を知り、協力してケアプランを策定します。

これにより、患者の意思を尊重し、適切な医療と介護を提供することができます。

2.医療従事者との連携

患者の主治医や看護師などの医療従事者は、家族や介護者と協力して、患者の状態をモニターし、必要な治療やケアを提供します。

例えば、認知症患者の場合、医療従事者は家族に対して患者の日常生活での変化や薬の副作用などを報告し、連携を強化します。

3.単身者への行政サポート

単身者や社会的に孤立している高齢者の場合、地方自治体や社会サービス機関の支援が必要です。

例えば、地域の訪問看護サービスを提供する自治体が、高齢者の健康状態をモニタリングし、必要な医療ケアや生活支援を提供します。

このような連携により、患者や高齢者は適切なケアを受け、状況に合わせた意思決定をするためのサポートを得ることができます。


家族、医療従事者、行政機関の連携は、個々のニーズに合わせた最適な支援体制を築くのに役立ちます。

医療・介護の意思表示のステップガイド

医療・介護の意思表示は、専門家でなくても進めることができます。

そのために、何かに記録をしておくことが大切です。

この記録は紙ベースでもデータベースでも構いません。

具体的な手順を挙げて詳しく説明しましょう。

1.本人の意思を汲み取る

まず、本人の意見や希望を収集しましょう。

これは将来、本人の代わりに意思決定をする際の材料となります。

例えば、どのような治療法を好むのか、施設でのケアや延命治療に関しての希望を聞きましょう。

この情報は支援者が重要な役割を果たします。

2.健康状態の確認

本人の現在の健康状態を医療従事者や近親者と共有しましょう。

持病の経過や将来の健康状態についても相談しましょう。

将来の変化に備え、どのように向き合うべきかも話し合いましょう。

3.意思表示支援者の選定

もしもの時に本人の代わりに意思を代弁してくれる支援者を選びましょう。

これは健康管理や財務管理を含む重要な役割です。

信頼できる人であることはもちろん、本人の価値観を理解していることも重要です。

4.協議を行う

決定が下り次第、関係者と話し合いを行いましょう。

関係者には家族、各種の従事者、そして支援者が含まれます。

専門家を交えての協議により、お互いの連携がスムーズに行えます。

5.記録をする

最後に、まとまった意思表示を記録しましょう。

この記録は時間の経過や健康状態の変化に応じて修正されるかもしれません。

定期的な見直しと更新が必要です。

この記録は、本人の希望を尊重し、適切な医療と介護を提供するための重要なガイドとなります。

健康なうちに行うべき事前準備

医療と介護の意思表示には、終活として事前の備えが非常に大切です。

ここでは、具体例を交えて詳しく解説しましょう。

1.意思表示シートの作成

健康で正常な状態であるうちに、意思表示シートを作成することは重要です。

このシートには、もしもの時にどのような治療を望むのか、入院や介護の場所の選択、家族やサポート者の指名などが含まれます。

具体的な例を挙げてみましょう。

あなたがシートに「生命維持装置の使用に反対しますが、痛みの軽減治療には同意します」と書いた場合、医師はそれに基づいて治療方針を調整します。

2.優先順位の明確化

もしもの時に何を優先するべきか、家族やサポート者としっかり話し合いましょう。

例えば、あなたの希望に従い、在宅ケアが最優先であることを確認することができます。

このような話し合いは、意思表示が必要な状況に備えて大きな役立ちます。

3.お金に関する備え

お金に関連する問題は非常に重要です。

もしもの時、正常な判断ができない状態で契約を結んでしまうと、その契約は無効になることがあります。

例えば、高額な医療手続きに関する契約や財産の相続に関する契約は、適切な手続きが行われないと法的に有効ではありません。

これを防ぐために、信頼できる意思決定支援者として指名する人を指定しましょう。

4.意思決定支援者の選定

意思決定支援者は、もしもの時にあなたの代わりに意思決定を行う人です。

この選択は慎重に行うべきです。

例えば、あなたが意思表示シートで「子供Aを意思決定支援者として指名します。」と指定した場合、もしもの時、子供Aは医療や法的手続きにおいてあなたの意思を代表します。

5.事前準備の重要性

最後に、医療や介護の意思表示に失敗しないために、事前準備の大切さを再強調します。

正確な記録、優先順位の設定、お金に関する問題への対処、意思決定支援者の選定は、あなたの希望を尊重し、安心して介護を受けるために欠かせないステップです。

まとめ

終活において医療と介護の意思表示は、あなたの未来を明るくするための重要なステップです。

健康なうちから優先順位を考え、支援者や家族と共有しましょう。

特にお金に関わる決定や契約には慎重に取り組み、意思決定支援者を選ぶことが必要です。

これらの準備を怠らず、大切な人々が私たちの意思を尊重し、医療や介護が円滑に進むようにしましょう。

未来への安心感を持ちながら、幸せな日々を過ごすために、意思表示は大いに役立つでしょう。

ブログ一覧

Contact
お問い合わせ

お問い合わせはお電話・メールフォーム・LINEより承ります。
お気軽にご相談いただければ幸いです。
ご危篤・ご逝去でお急ぎの場合は【至急】お電話ください。