Blog

ブログ

葬儀後に大切な喪中忌中心得

葬儀後に大切な喪中忌中心得

特に葬儀後、喪中や忌中といった状況では、気遣いやマナーがより一層重要となります。

故人のご冥福を祈りつつ、喪失と向き合うこの時期に、お悔やみの心を伝えるためにはどのような心遣いが求められるのでしょうか?

葬儀後のマナーや心遣いにフォーカスして、大切なポイントをご紹介します。

お悔やみの心を伝えるために知っておくべき葬儀後のマナー

葬儀の後は、悲しみと向き合いながらも、周囲とのつながりを築くことが重要です。

喪中と忌中の期間において、お悔やみの心を伝えるために知っておくべきポイントはいくつかあります。

喪中と忌中のマナー

中と忌中では気をつけることがいくつか異なります。

特に忌中では、食べ物に関する配慮が必要です。

地域によっては、忌明けまでお酒を控える習慣があります。

殺生を避ける地域では、魚や肉の摂取だけでなく、調理や狩猟、魚釣りも控えるべきです。

最近は気にしない人も増えていますが、地域によって異なるので確認が必要です。

神社での参拝も忌中では控えるべきとされていますが、神社ごとに期間が異なるため、事前に確認が必要です。

結婚式への出席についても、忌中期間中は慎むべきですが、喪中の場合は状況により異なります。

計画された結婚式などで日時が変更できない場合は、事前に了承を得て進行させるようにしましょう。

喪中と結婚式が重なった時のマナー

喪中と結婚式が同時に訪れる場合の適切な対応について考えましょう。

あなたが喪中の期間に結婚式に招待されることもあるかもしれません。

このような場合、喪中であるなら基本的には結婚式の招待を辞退するのが一般的です。

ただし、最近では忌明け後であれば、喪中の期間中でも結婚式への出席が可能なことが増えています。

喪中期間は四十九日間で、四十九日以降が忌明けとなります。

ただし、相手が縁起を気にされる場合、百日を過ぎるまで様子を見ることが良いでしょう。

相手が喪中期間でも出席してほしいと希望する場合は、慎重に考え、自分の気持ちを整理し、結婚式でお祝いしたい気持ちがあるかどうかを判断します。

そして、それが確定した場合、たとえ喪中と結婚式が同じ期間であっても、出席しても構いません。

喪中になったら、結婚式への招待が重なった場合、適切な対応が重要です。

機敏に行動しましょう。

最初に、喪中になったら、喪中はがきを送ります。

結婚式の招待がある相手は、喪中はがきの送付先に含まれているでしょう。

もし時期的に重ならなければ、結婚式の招待を受ける前に相手に喪中はがきが届くでしょう。

ただし、タイミング的にはがきが後になったり、名簿に載っていない人から招待状が来ることもあります。

その場合は、事情を伝えましょう。

四十九日までは、祝賀パーティーやウエディングパーティーなどは控える方が無難です。

お祭りや神社参拝も慎むべきです。

しかし、四十九日が経ち忌中が明けたら、柔軟な対応ができます。

相手方の出席を希望し、かつこちらの都合も合致すれば、結婚式に参加することができます。

喪中のお歳暮のマナー

喪中の際のお中元やお歳暮についてです。

これらはお祝いの品ではなく、感謝の気持ちを表す贈り物です。

そのため、喪中であってもやりとりすることは一般的ですが、相手によっては好ましくないと感じる場合もありますので、注意が必要です。

マナーとしては、四十九日の間は控えるようにしましょう。

逆に、喪中の際に送られてきても、受け取ることに問題はありません。

お中元・お歳暮は相手からの感謝の気持ちですので、素直に受け取りましょう。

受け取ったら、できるだけ早く(遅くとも3日以内に)手紙などでお礼状を出すことがマナーです。

お返しは必須ではありませんが、目上の方からの場合はお返しをする方が好ましいです。

急がず、適切なタイミングでお返しを考えるようにしましょう。

また、故人宛てに届いた場合は、手紙で亡くなった旨を伝えることが大切です。

喪中はがきはちょうどお歳暮の時期とも重なります。

本来は12月13日の「すす払い」から20日あたりがお歳暮の時期ですが、すす払いも行わなくなり、ボーナスが出る11月末から、12月上旬が多くなっているようです。

お歳暮は日頃お世話になっている方への御礼ですから、贈ることは問題ありません。

ただし、紅白の水引は使わず、無地の短冊や奉書紙を利用し、表書きは「お歳暮」とします。

四十九日をむかえていない方の場合は、忌明けまで待つか、喪中見舞いとして贈ります。

出産内祝いのマナー

出産内祝いは、出産祝いのお礼として贈るものですが、喪中では慶びごとが避けられる傾向があります。

出産祝いを喪中にいただいた場合、通常は1か月以内に出産内祝いを贈るのがマナーです。

しかし、喪中の状況では気をつけるべきポイントがあります。

親族が亡くなった直後に贈ることは控えるべきですが、喪が明けていない段階でいただいた場合は、相手の状況を考慮しながら慎重に行動する必要があります。

もし先方の身内に不幸があれば、四十九日を待つなどして適切なタイミングで贈りましょう。

喪中に入ってしまった場合は、少し時間を置くことが良いでしょう。

2か月以上経過する場合や、相手を気遣う場合は、四十九日を過ぎてからお礼状を添えて出産内祝いを贈るのが良いですね。

喪中の状況での出産内祝いのマナーには、贈る時期だけでなく、中身にも気を配ることが大切です。

のし書きは通常「内祝」ですが、喪中では「祝」の文字がふさわしくないため、「御礼」としましょう。

最近では内祝いの品に特にタブーがない傾向ですが、喪中だと考慮すべき点があります。

葬儀や弔事をイメージさせる白いハンカチや緑茶、さらには不吉な意味を持つ刃物類や「死」「苦」を連想させるクシなどの品物は避けるべきです。

喪中相手に贈る品には他にも注意すべき点がありますので、慎重に確認してから贈り物を選びましょう。

喪中の時期に出産内祝いを贈る際は、相手の事情や心情に十分な配慮をしながら進めましょう。

喪中はがきや手紙のマナー

喪中はがきや手紙のマナーについて考えてみましょう。

喪中はがきの送り時や中身には気をつける必要があります。

喪中はがきが遅れると、相手がすでに年賀状を出している可能性もあり、気を遣わせることになりかねません。

送る相手によっては、故人の他界時期や年齢、名前、続柄などを考えることも重要です。

相手に不要な気を遣わせないよう、喪中の挨拶は慎重に行いましょう。
喪に服する期間は、両親・夫・妻が1年、子・兄弟姉妹が3ヶ月が一般的です。

新年を迎える場合は、喪中欠礼の挨拶状を出します。

期間が過ぎても悲しみが深く、祝い事に参加できない場合は、喪中はがきを出しても問題ありません。

仕事上で年賀状を出さなければならない場合は、家族や親戚と話し合って足並みを揃えましょう。

喪中はがきは12月中旬までに届けるよう心がけ、誰が亡くなったかを明記し、故人とゆかりのある人や葬儀でお世話になった人へ感謝の言葉を添えると良いでしょう。

年賀状のマナー

喪中はがきを受け取った際、気になるのが年賀状の送り方ですね。

簡単に言えば、喪中はがきをもらっても、こちらから年賀状を出すことには問題がありません。
喪中はがきの目的は、差出人が喪中であることを知らせるもので、年賀状を送ってこないでほしいという要請ではありません。

喪中の人が新年の挨拶を欠礼する通知ですので、こちらから年賀状を出しても問題ありません。

ただし、喪中はがきを受け取ったら、何もしないのは失礼かもしれません。

受け取った側のマナーとして、年賀状の代わりに年始状を送ると良いでしょう。

年始状が難しい場合は、松の内明けから寒中見舞いを出すのも一つの方法です。

これは季節の挨拶として使え、マナーに反することはありません。

最近は、年末に喪中はがきが届くと、それに対する返信として寒中見舞いが利用されることもあります。

喪中はがきに返信する際のマナー

喪中はがきに返信する際のマナーにはいくつかポイントがあります。

まず、喪中はがきを受け取った際には、挨拶に感謝の意を述べ、故人のことを知らなかった旨をお詫びします。

その後、お悔やみの言葉と励ましのメッセージを添えましょう。

一定の書式があるので、これを覚えておけば安心です。

しかし、マナーよりも重要なのは相手に寄り添い、思いやりの心を表現すること。

身内を失った方に対しては、温かいメッセージを通して励ましや支えの意志を示すことが大切です。

既にご不幸を知っている場合は、家族に心を寄せ、寒中見舞いの一環として、喪中はがきへのお
礼と年賀状の控え、そして励ましのメッセージを添えると、家族の心を慰める効果があります。

喪中はがきが年賀状の後に到着した場合、すぐに手紙で行き違いを伝え、お悔やみの意を述べれば、印象が良くなります。

誤って年賀状を送った際も同じ対応が適しています。

電話やメールでも構いませんが、年末の忙しさにかまけず、早めに対処することが大切です。

あなたが喪中はがきを送る立場になった場合は、年賀状の送付期限より前に相手に届くよう、印刷などを早めに手配しましょう。


また、相手が先に喪中はがきを送った場合は、お礼の際に気遣いの言葉やメッセージを添えると、より心温まるものになります。

親しい友人には、電話でお悔やみを伝え、香典を送ることを確認すると良いでしょう。

お花やお菓子、お線香などがお供物として選ばれます。

一言添えて心を通わせるのも良いですね。

最近では、プリペイドカードやギフトカードも喪中お見舞いの選択肢になっています。

送料がかからず、控えめに哀意を示せる便利なギフトです。

時期が遅れてしまった場合は、翌年の命日に合わせてお線香などを送る方法もあります。

喪中ハガキを送る人

「喪に服す」とよく聞きますが、親戚や肉親の不幸があった場合、一定期間自宅で慎むことを「服忌(ぶくき)」と呼びます。

「忌中」は四十九日、「喪中」は一年間の服忌の期間を指します。

喪中はがきは、1年以内に身内や親族に不幸があった場合に出すもので、生前のご厚情に感謝の意を伝えつつ、年賀状を送らないことを知らせる挨拶状でもあります。

喪中はがきは出す機会が少ないため、その際のポイントを整理してみましょう。

喪中はがきを送る範囲は、自分の両親や子供、兄弟、祖父母、孫などの1親等や2親等の範囲が目安です。

ただし、3親等でも関係が深い場合は出すことがあるようです。

地域によっても違いがあるので、慎重に考えましょう。

結婚して配偶者ができた場合、配偶者の2親等までが対象になりますが、同居していない場合は家族で相談して決めることが大切です。

喪中はがきは、通常年賀状のやりとりがある人々に送ります。

喪主を務めたり、故人の親や兄弟姉妹、または年賀状などをやりとりしていた人々にも、報告と感謝の気持ちを込めて送ります。

内容は、喪中であることのお知らせや、亡くなった旨の通知、新年の挨拶を遠慮する旨、そして今後も変わらぬお付き合いを願う旨が中心です。

ですから、余白を使っておめでたいことを伝えるのは控えましょう。

喪中はがきを送った相手からは、年賀状が届くこともあります。

最近では、年賀状を送っても問題ないと考える人もいます。

もし間違えて送ってしまった場合でも、失礼だと感じずに受け取りましょう。

喪中はがきのタイミング

喪中はがきの送付タイミングについて整理しましょう。

基本的には相手が年賀状を書く前に到着するように心がけます。

通常、11月中旬からできるだけ12月15日までに発送するのが良いです。

年賀状の送付期間も考慮しつつ計画しましょう。

もし身内の不幸が12月に入ってしまった場合、喪中はがきが間に合わないことがあります。

その際は、松の内が終わった後に寒中見舞いとして差し出すのが一般的です。

松の内は元旦から始まり、関東では1月7日、関西では1月15日までの正月の期間を指します。

ビジネスマナー

プライベートとは違い、ビジネス年賀状では通常の対応が基本です。

もし気になることがあれば、上司などと相談すると良いでしょう。

仕事のつながりとは別にプライベートでの付き合いもあるかもしれませんが、年賀状のやり取りがある場合は、ビジネスに支障がない範囲で通常通りに対応しましょう。

まとめ

「喪中と忌中のマナー」には様々なポイントがあります。

これらの状況では、配慮が必要であり、特に食事や神社参拝、結婚式の出席などに留意する必要があります。

また、お歳暮やお中元、出産内祝いにおいても、喪中の状況を考慮して慎重に行動することが重要です。

喪中はがきや手紙、年賀状の送り方もマナーが存在し、相手の立場や関係性に応じて慎重なコミュニケーションが求められます。

大切なのは、相手に気を遣い、互いの感情や状況を理解し合うことです。

お悔やみの気持ちや感謝の意を伝える際、心のこもった言葉や配慮が、深い絆を築く一助となります。

ブログ一覧

Contact
お問い合わせ

お問い合わせはお電話・メールフォーム・LINEより承ります。
お気軽にご相談いただければ幸いです。
ご危篤・ご逝去でお急ぎの場合は【至急】お電話ください。