Blog

ブログ

家族葬供養品感謝のアイデア

家族葬供養品感謝のアイデア

家族葬は、身近な人々と共に亡くなった方への最後のお別れの機会です。

この特別な瞬間に、感謝の気持ちを表現するために、粗供養品の選び方が重要です。

粗供養品は、その人との思い出や感謝の気持ちを形にする手助けをしてくれます。

この記事では、家族葬での粗供養品にフォーカスして、感謝の気持ちを伝えるためのアイデアをご紹介します。

粗供養とは?

粗供養(そくよう)とは、葬儀の際に感謝の意を示すために贈り物やお返しをする習慣です。

このお返しの品物を「粗供養品」と呼びます。

粗供養という言葉は、主に関西地方や西日本で使用されます。

通夜、葬儀、法要などで使われる返礼品には、かけ紙(のし紙)に「粗供養」の言葉が書かれています。

地域によっては「祖供養」とも表記されることがあります。

この表現は「ご先祖様への供養」を意味し、どちらの表記も正しいものです。

しかし、通常は「粗供養」の表記が一般的です。

東日本では、表紙に「志」という言葉を使用することが一般的です。

そのため、この言葉も多くの人に馴染みがあるかもしれません。


粗供養品は、会葬礼状に添えて贈ったり、香典返しとして用意することがあります。

また、法要の際にお返しとして贈ることもあります。

品物の金額相場は状況によって異なります。

どのような粗供養品を選ぶかは、個別の事情や地域の習慣に応じて決められます。

粗供養品を用意する人

粗供養の贈り主は一般的には、施主(喪主)です。

また、兄弟姉妹など、施主以外の親族も施主と同じように粗供養を用意し、参列者に渡す習慣がある地域もあります。

仏事に関するルールや慣習は地域によって異なることがあるため、地元の親戚や葬儀会社に相談して事前に確認しておくのが賢明です。

粗供養品の選び方

粗供養品を選ぶ際、その人の趣味や関心事に目を向けるのは良いアプローチです。

故人が生前に熱中していたこと、心から愛していたもの、家族や友人と共有した思い出を思い浮かべてみましょう。

具体的な例を挙げると、もし故人がガーデニングが趣味で、美しい花や植物に囲まれることを楽しんでいたなら、花の苗やガーデニング用具を含む粗供養品がぴったりかもしれません。

また故人が、料理が得意で、家族や友人たちを美味しい食事でもてなすことを楽しんでいた場合、彼らの好物の食材や調理器具を選んでみることも考えられます。

これらの要素を基に、適切な粗供養品を選びます。

それが、感謝の気持ちを伝える素晴らしい方法となります。

香典返しとの違い

通夜や葬儀に参加した皆様からお悔やみを受けた場合、感謝の気持ちを示すのが「香典返し」です。

伝統的には、香典返しは四十九日の忌明け後に贈る習わしだとされています。

しかし、近年では、香典を受け取ったその場で「即返し」として感謝の気持ちを示す風習も広がっています。

「満中陰志」は、四十九日法要後の忌明けに香典返しの品物を贈る際に使用されます。

この言葉は「中陰が満ちる」という意味で、忌が明けることを指します。

言い換えれば、満中陰志は忌明けの香典返しと同じ意味を持つ言葉です。

一方、「粗供養」は、主に法要でいただいたお供えや仏前のお返しを指し、香典返しや満中陰志とは異なる意味を持っています。

例えば、四十九日法要の当日に香典返しの品物を贈る場合、法事の返礼品として「粗供養」を一品、葬儀や通夜でいただいた香典のお返し(満中陰志)の品物を一品用意することが一般的です。

のし紙について

粗供養品を贈る際、正式なマナーとしてのし紙(かけ紙)を付けることが一般的です。

のし紙には複数の種類がありますが、粗供養品には通常、結び切りの水引を持つ「白黒」または「黄白」のものを選びます。

一般的に、全国的には白黒の水引が一般的ですが、関西、中国、四国地方の一部では黄白の水引が一般的とされています。

粗供養品の意味は、一度贈ったら取り消せない敬意を表すものであるため、結び切りの水引が使用されます。

のし紙の表書きについて、「志」と「粗供養」のどちらを選ぶかについて迷うことがあります。
実際、関西地方では「粗供養」という言葉が一般的ですが、他の地域ではあまり知られていないこともあります。

関西地方以外で使用する場合、一般的には「志」とした方が無難でしょう。

相場や平均金額

粗供養品の金額は、贈り方によって異なります。

通常、葬儀当日にお渡しする「会葬御礼品」として用意する場合は、500円から1,500円ほどが一般的です。

一方で、「香典返し」として用意する場合は、頂いた香典の金額の半分から3分の1が基本的な目安とされています。

葬儀当日に返す場合、香典が5,000円から10,000円であると仮定すると、通常は2,500円から3,000円相当の品物を用意します。

四十九日の法要の場合、香典の金額は一般的に3,000円が相場であり、したがって、500円から1,500円ほどの範囲で粗供養品を用意することが多いです。

人気の品物や好適品

粗供養品は、後に残らない「消えてなくなる物」とされています。

一般的な粗供養品は、海苔や食品の詰め合わせ、小包装のお菓子、お茶、コーヒー、洗剤、タオルなど、日常の食品や消耗品が一般的です。

受け取る人が気軽に持ち帰れ、収納に困らない、軽くてかさばらないものを選ぶことが大切です。

当然、贈り物は受け取った人が喜ぶことが大切ですが、一般的にはシンプルなものが好まれ、後に残らずに使えるものが喜ばれることが多いです。

特に、故人の逝去後、葬儀の準備などで忙しい中で品物を選ぶことは負担になることがあるので、遺族の負担を考慮し、一般的で使い勝手の良い品物を選ぶことが重要です。

ただし、粗供養品の金額は地域によって異なる場合がありますので、相場はあくまで参考程度に留めておくことをお勧めします。

適切な金額を決めるためには、事前に地域の習慣や周囲の人々と相談することが賢明です。

思い出のアイテム

大切な人を偲びながら、その人との思い出を共有するアイテムは、感動的で意義深いものとなります。

写真アルバム、手紙、共に過ごした場所への訪問、その人の好きだった音楽や本のコレクションなど、思い出に関連するアイテムを用いて感謝の気持ちを伝えましょう。

大切な人を思い出しながら感謝の気持ちを表現するアイデアはたくさんあります。

以下はいくつかの例です。

1.写真アルバム

一緒に過ごした瞬間を詰め込んだ写真アルバムは、感動的なプレゼントです。

特に、家族や友人との笑顔や特別な瞬間を集めたアルバムは、故人を偲びながら一緒にいるような気持ちにさせてくれます。

2.手紙

手書きの手紙は、個人的な感謝の言葉を伝える素敵な方法です。

特別な瞬間や共有した思い出にフォーカスを当てた手紙を書いて贈りましょう。

3.音楽や本のコレクション

もし故人が特定の音楽や本を愛していたなら、故人のお気に入りの曲を聴いたり、愛読書を読むことで思い出を共有しましょう。

友人や家族と一緒に楽しむことができます。

4.共有した思い出に基づく品物

一緒に過ごした場所やアクティビティに関連した贈り物を考えてみましょう。

共有した思い出に基づいて選んだ特別な贈り物は、感謝の気持ちを伝えるのに最適です。

これらのアイデアは、感謝と思い出を共有し、故人を偲びながら特別な瞬間を創り出す手助けになることでしょう。

手作りの贈り物

手作りの粗供養品は、特別な意味を持ちます。


詩や歌、絵画、手作りのクラフト作品、あるいは料理など、心からの感謝を込めて制作したものは、感動的なプレゼントとなります。

家族葬での粗供養品を手作りすることは、心からの感謝を示す素晴らしい方法です。

以下は具体的な手作りのアイデアです。

1.詩や歌

故人に捧げる詩や歌を自作しましょう。

故人への感謝と思い出を言葉やメロディに込めた作品は、心温まるものとなるでしょう。

2.絵画

自作の描いた絵は、独自の感情や思い出を表現する素晴らしい方法です。

特別な場所や共有した瞬間を描いて、感謝の気持ちを表現しましょう。

3.手作りのクラフト作品

手作りのクラフト作品や刺繍なども選択肢として考えられます。

故人が好きだった趣味や興味に基づいて、独自のアイテムを作成しましょう。

4.料理

料理が得意な場合、おいしい手作りの料理やお菓子を用意することも考えられます。

故人の好物を再現して感謝の気持ちを表現しましょう。

これらの手作りのアイデアは、感謝と思い出を素晴らしい方法で表現し、故人とのつながりを深めることができます。

まとめ

大切な人を送り出す家族葬において、粗供養品の選択は心からの感謝を伝える素晴らしい方法です。

趣味や思い出に基づいた贈り物、手作りのアイテム、思い出のアイテムなど、多くのアプローチがあります。

最終的に、大切なのは故人への感謝の気持ちと思い出を大切にすることです。

感謝の意を込めて、粗供養品を選び、心温まる瞬間を共有しましょう。

家族葬は故人を偲ぶ特別な日であり、感謝の気持ちを形にすることで、共に過ごした思い出を永遠に心に刻むことができます。

感謝と愛を胸に、故人を送り出しましょう。

ブログ一覧

Contact
お問い合わせ

お問い合わせはお電話・メールフォーム・LINEより承ります。
お気軽にご相談いただければ幸いです。
ご危篤・ご逝去でお急ぎの場合は【至急】お電話ください。