Blog

ブログ

喪中はがき感謝のデザイン

喪中はがき感謝のデザイン

喪中ハガキのデザインについて考える時、慎重な選択が求められます。

その一方で、最近では伝統的な形式を越え、感謝と共感を込めた個性的なデザインが注目を集めています。

この記事では、喪中ハガキのデザインにおいて大切なポイントや新しいトレンドにフォーカスして、故人を偲ぶ心を込めたメッセージを伝えるためのアイデアをご紹介いたします。

季節や状況に合わせた喪中はがきのアイデア

喪中はがきは、親しい人が亡くなり喪に服していることを知人に伝える大切な手段です。

喪中の期間は様々なマナーや慣習があり、その中で喪中はがきのデザインにも気を配る必要があります。

シンプルながらも過度に派手でないデザインが好ましいです。

ただし、あまりにも暗い印象になることも避けたいところです。

春に亡くなった方へのはがきでは、桜の花を取り入れるなど、状況に合わせた工夫もあります。

ただし、このようなアイデアは状況によりますので、慎重に検討することが重要です。

蓮の花などの変わり種も、送る相手によっては良いアクセントになり得ます。

送り手の気持ちを大切にしながら、相手に適した喪中はがきを選ぶことが大切です。

喪中はがきデザインの大切なポイント

喪中はがきのデザインにおいて、絵や色の選択だけでなく、文面のデザインも重要です。

喪中はがきでは、時候の挨拶や結語などは不要で、文面は縦書きで句読点を使う必要もありません。

基本的なフォーマットを守ることが重要です。

冒険的なデザインは避け、故人の訃報を伝えるものとして、最低限のマナーを守り礼節あるデザインを選ぶことが重要です。

相手に不快感を与えず、喪中の通知を適切に行うためには、デザインにも慎重に配慮することが必要です。

喪中はがきのデザインに使われる南天の意味

南天は中国原産の常緑樹で、日本では九州や四国、西日本で見られます。

秋から冬にかけて愛らしい小さな赤い実と深緑の光沢ある葉が特徴で、喪中はがきのデザインではこれらが活用されます。

古くから生薬として使われ、有名な商品名にはのど飴がありますが、南天の実には毒性があるため注意が必要です。

南天は漢字で『「難」を「転」じる』と書かれ、縁起が良い植物とされ、喪中はがきや慶事のデザインによく使われます。

南天の美しい色合いは喪中はがきに適しており、南天デザインには心を込めた思いやりが表れています。

枕の下に葉を敷くと悪い夢を遠ざけるという言い伝えもあり、喪中はがきや枕カバーとして使用され、南天のデザインは大切な人を失った後、悪夢からの守りとして贈られます。

喪中はがきに南天を描く際は、挿絵として相手の心を温かくする意図があり、花言葉「私の愛は増すばかり」は故人を惜しむ気持ちを表現しています。

南天のデザインを通じて、祈りをこめた思いを喪中はがきで表現してみませんか。

喪中はがきのデザインに使われる蓮の意味

蓮は異なる呼び名を持つ花で、一般的には蓮華として知られています。

水面に浮かぶイメージがあるものの、実際は水底ではなく地中に根を広げています。

蓮は茎から葉と花が水面に現れる構造で、その美しさは仏教で重要な象徴とされています。

蓮は仏教やヒンドゥー教など様々な宗教や文化で深い意味を持ち、その美しさと象徴性から愛されています。

喪中はがきにおいても蓮は広く親しまれ、そのデザインは内容を伝えるだけでなく、心地よく感じられるものとされています。

蓮のピンクの色合いが一般的ですが、デザインでは淡い色調や水墨画のアレンジも見られ、花言葉には故人を偲ぶ感情が込められます。

蓮のモチーフは喪中はがきだけでなく、様々な弔事の場面で使われ、デザインと共に思い出を振り返る素敵な機会となります。

喪中はがきのデザインに使われる椿の意味

椿は冬でも美しい緑の葉を持ち、春や夏、秋にも咲く花で知られています。

見た目がサザンカに似ていることがありますが、椿は花を散らす際に丸ごとぽとりと落ち、おしべの花糸の下部が密着している点で見分けがつきます。

白・赤系の花色や模様のバリエーション、一重咲きから八重咲きまでさまざまな品種があります。

椿は仏教や縁起のいい花とはされませんが、日本では古くから愛され、万葉集にも詠まれるなど伝統的な花として重要視されています。

武士たちが噂されたほどの誤解があったものの、実際には椿は現代でも美しく咲く冬の花であり、花言葉には女性らしさや最高の愛らしさが込められています。

椿のデザインは喪中はがきにおいて、色味のない中で特にわかりやすく、受け取った方が故人の思い出を振り返る良い機会となります。

デザイン選びのポイント

喪中はがきのデザインには慎重になる必要があります。派手な色合いやイラストは避け、落ち着いた雰囲気を感じさせるデザインが好ましいです。

カラーバランスに注意し、モノクロでなくても目立ちすぎない淡い色や落ち着いたカラーデザインが適しています。

喪中はがきはシンプルなデザインが基本ですが、モノクロよりも多少のカラー要素を加えることも一興です。

故人の好きだった色や性格に合わせたカラー、慎重に選ばれたイラストも有効です。

ただし、故人の写真は相手に気を使わせる可能性があるため避けましょう。

明るくて個性的な喪中はがき

喪中はがきは昔はシンプルで厳かなものが一般的でしたが、最近では感謝の気持ちやオリジナリティを込めたデザインやメッセージが増えています。

故人の趣味や職業に合わせたデザインもあり、親しみやすいものが増えています。

また、はがきではなく封筒で送ることも一般的で、文面には従来の定型文だけでなく、故人のメッセージを取り入れたり、明るい色や個性的なデザインを取り入れたりすることも増えています。

これらのアプローチは、受け取る人に寄り添い、喪失の報告が初めて知られることを考慮しています。

結果的に、これまでのイメージから脱却し、故人を明るく偲ぶための喪中はがきとして好感が持たれています。

喪中はがきのおすすめテンプレートサイト

年賀状は毎年のお馴染みですが、喪中はがきは機会が限られており、デザインに悩むこともありますよね。

そんな方におすすめなのが、フリー素材サイトの活用です。無料で利用できるサイトでは、喪中はがきにぴったりなデザインやおしゃれなアイデアが豊富に揃っています。

その中から特におすすめのフリー素材サイトをご紹介します。

喪中はがきドットコム

このサイトは、専門的に喪中はがきのデザインを集めているため、検索の手間も省けます。

何よりも手続きが不要で、会員登録も一切必要ないので、すぐにダウンロードしてご利用いただけます。

シンプルな標準タイプから若い方向けのおしゃれなデザインまで、さまざまな無料テンプレートが用意されていますよ。

全国優良仏壇専門店会

全優仏(全国有料仏壇専門店会)は、全国の仏壇店が参加する組織です。

こちらでは、洗練された上品なデザインの仏壇を見つけることができます。

ただし、ご利用は個人使用に限られます。

商用利用、転載、販売、再配布は禁止されているため、ご注意ください。

年賀状プリント決定版

このサイトはWindowsやMacのどちらでもご利用いただけ、Wordでの編集も可能です。

文字の大きさの変更や書き添え文章の変更など、柔軟にカスタマイズができます。

さまざまなオプションも充実しており、定番のデザイン以外にも故人の趣味をモチーフにしたものや、写真入りのデザイン、白黒テンプレート、ペット向けのものなども作成することができます。

さきちん絵葉書

喪中はがきだけでなく、メッセージカードのテンプレートも無料で提供しているサイトです。

会員登録は不要なため、手軽に利用できます。

全てのデザインはオリジナルで、加工も自由。自分の好みに合わせてデザインを調整して利用できます。

加工に便利なパーツが用意されており、別途加工編集用のソフトを用意する手間もありません。

喪中はがき専用のデザイン数は限られていますが、センスが良く商用利用も可能な点が特徴です。

プリントわんパグ

当サイトの喪中はがきの特徴は、花の種類によってデザインを選択できる点です。

桔梗、タンポポ、スミレ、蓮の花、菊、菖蒲、すずらんなど、様々な花のデザインが豊富に揃っています。

また、提供されているテンプレートは高い解像度であり、家庭用プリンターで美しく印刷することができます。

喪中はがきの作成に際してのマナーや文例も、ウェブサイト上で細かく紹介されていますので、ご活用ください。

使える素材集 ササガワ

様々なシーン向けのテンプレートが揃った無料サイトです。

特に、喪中はがきのテンプレートは、縦書き、横書き、筆文字などのタイプ別に分類されているため、希望するデザインを探しやすいのが魅力です。

さらに、喪中はがきが出せなかった場合に代用として利用できる「寒中はがき」のテンプレートも用意されています。

まとめ

近年の喪中ハガキデザインは、花の種類ごとに様々なデザインが用意され、高い解像度で印刷可能です。

シンプルで美しいデザインが増加し、趣味や職業に合わせたものも選べます。

フリー素材サイトやテンプレートも利用が容易で、感謝と共感を伝えるデザインが特に重要です。

故人を偲ぶ喪中ハガキのデザインには、心を込めたメッセージが大切です。

デザインのセンスや形式も重要ですが、最終的には感謝と共感が伝わることが一番です。

ブログ一覧

Contact
お問い合わせ

お問い合わせはお電話・メールフォーム・LINEより承ります。
お気軽にご相談いただければ幸いです。
ご危篤・ご逝去でお急ぎの場合は【至急】お電話ください。