Blog

ブログ

お正月の葬儀年末年始ガイド

お正月の葬儀年末年始ガイド

お正月の訪れは新たな始まりを告げますが、時には喜びと悲しみが交錯することもあります。

お正月に亡くなった際、葬儀の計画は特別な配慮が必要です。

この記事では、年末年始における葬儀にフォーカスして、その際に知っておくべき重要なポイントや注意点を詳しくご紹介します。

お正月の期間に葬儀を行う際、家族や友人が穏やかなお別れを迎えるための心構えと具体的な対応策は以下の通りです。

1.年末年始に葬儀を行える?

年末年始に葬儀を行うことは可能ですが、火葬場や斎場の運営状況や休業日を前もって確認することが大切です。

正確な情報収集が円滑な進行につながります。

斎場や火葬場の営業日程や予約状況を確認し、ご家族の都合や希望に合わせた日程を検討しましょう。

特に年末年始は予約が混み合う可能性があるため、余裕をもったスケジュールを組むことが望ましいです。

通常の時期で提供されるサービスも、いくつか制約が生じることがあります。

進行中の変更や調整にも柔軟に対応できるように、計画を立てましょう。

2.葬儀社は年中無休

葬儀会社は標準的には年中無休で営業しています。

年末年始も、プロのサポートを受けることが可能であり、遺族にとっては心強い味方となります。

葬儀を進めるにあたっては、事前に葬儀会社と連絡を取り、提供される具体的なサービスや費用について詳しく相談してみましょう。

葬儀会社の提供するサービスや費用の構成を理解することは、遺族が安心して最適な選択をするために重要です。

そのためには、事前に十分な情報収集と葬儀会社との綿密な相談が欠かせません。

3.火葬場は年末年始に休業がある

年末年始には火葬場が休業することがあります。

葬儀の日程を検討する際には、火葬場の営業スケジュールを確認し、計画を立てる必要があります。

葬儀を進めるにあたり、年末年始は火葬場が休業することが考えられます。

休業期間を無視して葬儀日程を組むと、予期せぬ問題が発生する可能性があります。

従って、葬儀を進める上で火葬場の営業スケジュールを確認し、休業期間や可能ならば予約状況も確認してから計画を立てることが不可欠です。

これにより、円滑な葬儀進行が期待できます。

4.火葬場の休業と予約状況に注意

年末年始の葬儀では、火葬場の休業や予約状況が重要です。

円滑な進行のためには、これらの情報を事前に確認し、柔軟なスケジュールを組むことが肝心です。

計画段階での慎重な注意が葬儀を円滑に進める鍵となります。

5.公営斎場の休業

年末年始には公営斎場も休業することがあります。

このため、葬儀の計画を進める上で、斎場の利用を検討している場合は早めの段階で連絡を取り、日程の調整を行うことが必要です。

公営斎場の利用可能な期間や予約状況を把握し、スムーズな葬儀進行に向けて事前に情報収集を行いましょう。

これにより、遺族の希望に添った葬儀を円滑に進めることができます。

6.年末年始の葬儀費用変動のポイント

年末年始の葬儀費用は、通常期と比べて大きく変動することはありません。

ただし、ご逝去から葬儀までの期間が長引くと、遺体の保管や保全に関わる費用が増加する可能性があります。

基本的な部分と増加する可能性のある費用について理解しましょう。

7.年末年始の葬儀に配慮が必要な理由

年末年始に家族に不幸がある場合、12月30日や31日、そして正月三箇日は葬儀を避けるのが一般的です。


31日や正月三箇日は多くの人が既に予定が詰まっているため、無理をせず避ける方が賢明です。

これにより、ご参列いただく方々に大きな負担をかけずに済みます。

ただし、家族葬のような小規模な場合は例外です。

ごく近しい家族だけで密葬を行い、後日本葬を行って他の親族や友人・知人にご参列いただく方法もあります。

事前によく相談して、最良の選択を検討しましょう。

8.年末年始の特別料金

年末年始のお葬式は、火葬場の都合によって日程が変わることがありますが、基本的な内容は通常通りです。

特別料金や割増料金はかかりません。

ただし、12月30日から1月2日に身近な方が亡くなると、その期間は火葬場が閉まっているため、一時的にご遺体を自宅などに安置する必要があります。

葬儀会社によっては、自宅に安置することによってオプションが必要になる可能性があります。

9.年末年始に葬儀を行う場合の注意点

年末年始に葬儀を執り行う際に留意すべき点は、具体的に以下の通りです。

早めに現金を用意しておく

年末年始の葬儀では支払いが主に現金で行われることが多いです。

しかし金融機関は、通常は休業です。

ATMも通常より短縮されている可能性があるため、窓口やATMを利用する場合は余裕をもって現金を引き出しておくことがおすすめです。

葬儀会社に遺体の安置方法を確認する

年末年始は火葬が即座に行えないことがあり、数日間遺体を安置する必要が生じることも。

これに伴い安置料金が発生する可能性もあるため、葬儀会社と相談しておくことが大切です。

死亡後24時間の法的制約に留意

急いで葬儀を進めたくなる気持ちは理解できますが、「墓地、埋葬等に関する法律」では死亡後24時間を経過させないと火葬ができないと定められています。

年末に亡くなった場合は、年内に葬儀を終えられない可能性があるため、計画に余裕を持たせましょう。

各都道府県や市区などに合わせて、受付の日時や時間帯を調べるのが良いでしょう。

10.必要なところへは早めに連絡を行う

葬儀を行うにあたり、迅速な連絡が求められます。

葬儀会社や関係機関に適切なタイミングで連絡を取ることで、葬儀の準備が円滑に進み、必要な手続きや調整が適切に行われます。

特に年末年始などの繁忙期や休業日がある場合は、余裕をもって連絡を行い、スムーズな対応を得ることが重要です。

11.お寺様や宗教者には早めに連絡を行う

住職や神職の方々は年末年始に多くの行事が入っており、忙しいことがあります。

そのため、葬儀を行ってもらうためには、早めに連絡すると良いです。

また、日程や費用のことを考えて一日葬に変更するなどの相談も、事前に菩提寺にしておくと安心です。

宗教的なサポートを得るためには、信仰に基づく儀式やサービスを準備するため、十分な時間が必要です。

希望する宗教的な要素を踏まえた計画を立てましょう。

まとめ

お正月の葬儀において、年末年始の時期は特別な留意点がいくつかあります。

この記事では、年末年始における葬儀の際に押さえておくべきポイントについて詳しくご紹介しました。

円滑で心穏やかな葬儀を進めるためには、葬儀会社や関係機関との早期な連絡と柔軟な日程調整が肝要です。

費用や法的制約にも留意しながら、故人とそのご家族が穏やかな別れを迎えられるよう、新しい年の始まりに備えてください。

前述した現金の確保など、前項で述べた内容以外は通常期の葬儀と同様です。

ただし、亡くなってから葬儀までの日数が増える場合、故人の身体の取り扱いには特に検討が必要です。

年末年始は火葬場が休業することが影響し、葬儀までの待機期間が通常よりも長くなります。

亡くなった場合、通常よりも日数が経過することになるため、身体の安置には細心の注意が必要です。

また、年末年始に亡くなった場合、葬儀のスケジュールにも影響が及びます。

通常の葬儀日程と比較して、火葬場の休業や混雑を考慮し、1月4日以降に葬儀が行われることが一般的です。

ただし、葬儀社は通常通りに対応してくれるため、12月29日までであれば通常通りの日程で進められます。

費用や料金には特別な変動はなく、基本的な葬儀の進行も変わりません。

地域によっては家族だけで密葬を行い、本葬は正月明けに執り行うこともあります。

これは、お正月が明るくめでたい季節でありながら、葬儀の厳粛さが共存するためです。

ブログ一覧

Contact
お問い合わせ

お問い合わせはお電話・メールフォーム・LINEより承ります。
お気軽にご相談いただければ幸いです。
ご危篤・ご逝去でお急ぎの場合は【至急】お電話ください。