Blog

ブログ

恥をかかない喪中ハガキ

恥をかかない喪中ハガキ

年末になると、年賀状のやりとりが増え、その中で喪中はがきを受け取ることがあります。

そんな時、喪中はがきにどう対応すれば良いのか、気になりますよね。

何もせずにいるのも一つの選択肢ですが、それでも詳細がよく分からないことが多いものです。

この記事では、喪中はがきについてわかりやすくご紹介します。

喪中はがきは基本的に、2親等以内の親族に不幸があった場合に使用されます。

これは年賀状を送らない旨を通知するもので、基本的には返信は不要です。

ただし、お悔やみを伝えたい場合には、寒中見舞いが便利です。

急いでいる場合は、年内に喪中見舞いとして送っても構いません。

喪中期間に気をつけたいこと

喪中は、家族が亡くなって悲しい期間です。

この時、気をつけたいことがあります。昔から、喪に服す際には、パーティーや旅行などの楽しい行事を控えるべきだとされています。

これは、死を穢れと考え、亡くなった家から他の場所に持ち込まないようにするための習慣です。

今でも、四十九日法要が終わるまでは、故人に哀悼の気持ちを示し、大きな行事は避けるのがマナーです。

ただし、予定していた結婚式などの場合は、特に厳密な決まりはありません。

しかし、喪中の理由を説明し、招待されても参加は控えたほうが良いとされています。

神社の参拝や初詣も、神道では死が穢れと見なされるため、忌中の時期は避けるのが無難です。

忌中が終われば、参拝しても問題ありません。

お寺には、忌中であってもお参りに行っても構いません。

喪中ハガキの大切なポイント

喪中ハガキは、訃報を知らせるだけでなく、年賀状を送れないことをお詫びする大切な手紙です。

葬儀に参加した方々には、喪中ハガキを送ることが礼儀とされています。

配慮が必要なのは、喪中ハガキは基本的には二親等までの親族に不幸があった場合に送るものですが、祖父母については本人の気持ちや関係性によって判断してください。

ハガキを送るタイミングも重要で、年が明ける前に受け取るように出すのが良いですが、一般的な送付時期は11月中旬から12月初旬です。

喪中ハガキには、「年賀」や「拝啓」「敬具」といった言葉は使わないように心掛けましょう。

もし、喪中を知らずに年賀状が届いた場合は、寒中見舞いを出すことが一般的な対応です。

お互いに気配りを大切にし、喪中ハガキのマナーを守りながら、お知らせを行うことが重要です。

喪中ハガキを送るべき人

喪中ハガキを送る親族の範囲は、基本的にはあなたから見て2親等までとされています。

1親等があなたの両親や子ども、2親等が兄弟や祖父母、孫です。

法律上では3親等までが家族の範囲ですが、具体的には親の兄弟や姪・甥、曽祖父母、曽孫も含まれます。

3親等でも特に親密な関係がある場合は、喪中であることを伝えることもあります。

結婚している場合は、配偶者側の親族である2親等以内も、範囲に入ります。

逆に、喪中ハガキを出す相手の範囲は通常の年賀状のやりとりをしている人たちが対象です。

故人とは全く関係のない知り合いや、仕事仲間、上司、取引先なども含まれます。

喪中ハガキは、単なる通知だけでなく、故人の訃報を知らせ、年賀状を送れないことをお詫びするものとして、大切なマナーとなっています。

喪中ハガキのベストタイミング

喪中ハガキを送る際のタイミングは、年賀状の下書きや投函の前に、相手に届くようにするのが一般的なマナーです。

年賀状を作成し送付した後に、改めて喪中であることを伝えると、相手に不必要な気を遣わせることになりかねません。

したがって、年賀状の下書きに取り掛かる時期を考慮して、12月上旬までには相手に届けるように心がけましょう。

喪中ハガキの用意は11月中に始めることが大切です。

ただし、亡くなった時期によっては、葬儀や四十九日などで忙しくなり、喪中ハガキを送るのが遅れがちになることもあります。

この場合、相手が既に年賀状を出していたりして、行き違いが生じないように留意しましょう。

もし喪中ハガキを送った後に年賀状が届いた場合は、喪中の理由を記した寒中見舞いを送ることをおすすめします。

また、喪中ハガキで初めて不幸を知った場合には、喪中見舞いを送ることが一般的なマナーです。

喪中見舞いには、喪中ハガキへのお礼の言葉とともに、亡くなった家族を慰める言葉を丁寧に添えましょう。

喪中ハガキの受け取り方と返信マナー

喪中ハガキが届いた場合、相手が喪中であることを知ることがあります。

そんな時は、送られてきた手紙へのお礼と一緒に、お悔やみの気持ちを添えることが良いでしょう。

適切な返信のタイミングは、松の内が明けた1月7日以降の寒中見舞いが一般的です。

最近では、喪中見舞いのスタイルで返すことが増えています。

これなら季節にこだわらずに送れるため、便利です。

日本では、こうしたハガキが一般的に使われています。

喪中ハガキを受け取った場合、何もしないのは逆に失礼と思われることもあります。

年賀状や手紙はNGとされる考えは実は古いもので、最近では喪中見舞いを返すことが一般的になってきています。

喪中の手紙をもらった場合は、喪中見舞いなどを出すことで哀悼の気持ちを伝えましょう。

社会人としても、喪中見舞いを返すことが良いマナーとされています。

返信を書く際は、挨拶状をいただいたお礼を述べつつ、遺族が新年を迎える中での辛さに対する慰めや励ましを書きます。

喪中ハガキをもらった場合でも、年賀状を出すことはできますが、その際には遠慮する旨を書き添えることが大切です。

知らずに送った年賀状への対応

年賀状を出した後、喪中ハガキが届いた場合は、冷静に対処しましょう。

その年に相手が喪中だったことがわかったら、早めに対応します。

年内に気づいた場合は、スルーせずにお詫びの連絡を正しい書き方で返信し、年内に相手に届くようにします。

挨拶は控えめにし、まずは非礼を詫びることから始めます。

1月7日以降、改めて寒中見舞いを送り、お悔やみの言葉を込めた手紙を出しましょう。

既に年賀状を送り、年が明けてから喪中だと知った場合も同様で、迅速にお詫びとお悔やみを伝える手紙を用意し、返信してください。

お祝いの言葉は避けること。

逆に、あなたが喪中で年賀状をもらったら、挨拶状や寒中見舞いでお返しするのが一般的です。

喪中ハガキの知っておきたい役割

喪中はがきは、単なる喪中のお知らせだけでなく、年賀状を出さないことをお詫びする重要な手段なのです。

では、具体的にいつまでに送るべきなのでしょうか?

まず、喪中はがきが果たす役割を理解することが大切です。

このはがきは、単に喪中であることを知らせるだけでなく、年賀状を出せない旨のお知らせを兼ねています。

喪中のお知らせだけでなく、年賀状の欠礼を誠実に伝えるため、適切なタイミングで送る必要があります。

喪中はがきが一般的に使われるようになったのは、年賀状がお年玉つきになり、一般家庭に広まった1949年以降です。

それ以前には存在しなかった手段であり、葬儀後すぐに出す必要があるわけではありませんでした。

しかし、喪中はがきが年賀状欠礼の挨拶状として広まり、現在では大切なマナーの一環となっています。

では、喪中はがきの最適な送付タイミングはいつでしょうか?

葬儀の後であればすぐに送ることが一般的です。

これによって、喪中であることや年賀状の欠礼に対する誠実な気持ちが相手に伝わります。

喪中はがきの役割を正しく理解し、適切なタイミングで送ることで、信頼感と誠実さを表現しましょう。

喪中はがきと寒中見舞い

年賀はがきの受付は通常12月15日から始まります。

したがって、喪中はがきは11月中旬から12月初旬に投函し、年賀はがきと同じくらいのタイミングで到着するようにします。

ただし、予測できない事態も考えられるため、年末に亡くなった場合は、喪中はがきが間に合わないこともあります。

その際は、年賀状への返信や寒中見舞いで対応します。

通常、寒中見舞いは1月8日から立春の2月8日までに到着するようにします。

寒中見舞いは、喪中の方へのお悔やみや、もらった年賀状へのお礼、喪中で送ってしまった場合のお詫び、年賀状送付後に不幸があった場合のお詫びなどに使います。

もし立春を過ぎてしまった場合は、「余寒見舞い」と呼ばれます。この期間内に寒中見舞いを届けるよう心がけましょう。

手紙と品物の組み合わせ

喪中見舞いを贈る際、手紙やはがきだけでなく、物品を添えることが増えています。

この傾向は、より深い思いやりを表現し、相手に心の支えを届ける手段として注目されています。

ただし、品物の選び方には注意が必要です。

まず、相手が負担に感じないように気をつけましょう。

喪中の方は精神的・物理的に疲れている可能性が高いため、あまり大げさな贈り物は避けるべきです。

代わりに、実用的で日常生活に役立つアイテムが良いでしょう。

例えば、消耗品やお菓子、贈答用の線香や蝋燭などが挙げられます。

これらは適度な気遣いを示し、受け取り手に負担をかけないよう心がけるべきです。

また、品物を添えることで手紙やはがきだけでは表現しきれない感謝の気持ちや慰めを伝えることができます。

贈り物は、文字だけでは伝わりにくい感情や思いをより具体的に表現する手段となります。

ただし、喪中見舞いの意味や気持ちを手紙にしっかりと込め、それを物品と合わせて贈ることが大切です。

喪中の方へのお見舞いはこれからもっと広がる可能性があります。

この傾向を把握し、心を込めて選んだ手紙と品物で、相手に安心感と励ましを届けましょう。

まとめ

喪中はがきとは、身内に不幸があったからすぐに出すというものではなく、「今年自分は年賀状を送れない」と毎年年賀状を送り合う相手に気遣いを示す挨拶状です。

相手が年賀状を作り始める前に知らせる必要があります。

年賀状は一般的には11月初旬から郵便局やコンビニなどで販売され、12月末までに大半の人が年賀状を投函します。

つまり、12月下旬に喪中はがきを送っていては意味がありません。

喪中はがきを出す時期としては早くて10月下旬頃から、遅くて12月上旬頃がベストとされています。

また、12月後半から年末にかけて不幸があった場合は、年内に喪中はがきを出すことができなかった場合は、年が明けた松の内(1/1~1/7)があけてから寒中見舞いという形で出すと良いでしょう。

ブログ一覧

Contact
お問い合わせ

お問い合わせはお電話・メールフォーム・LINEより承ります。
お気軽にご相談いただければ幸いです。
ご危篤・ご逝去でお急ぎの場合は【至急】お電話ください。